『わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)』のコミカライズ連載が開始

ダッシュエックス文庫刊『わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)』のコミカライズ連載が、「水曜日はまったりダッシュエックスコミック」にて開始された。本作は陽キャとして高校デビューするも、窮屈な学校生活に馴染めていなかった主人公が、学園のスーパーアイドルとヒミツの友達になって始まるガールズラブコメ。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画はむっしゅ氏が担当しており、第1話がカラーを含む36ページで公開された。元陰キャな少女と完璧ガールが繰り広げる恋と友情の勝負の物語がコミックでもスタートした。

 

 

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)

 

 

【原作小説あらすじ】

ぼっちな中学時代を捨て、高校デビューしたわたし・甘織れな子。でも、根が陰キャだから憧れの陽キャ生活に馴染めず、窒息寸前! そんなとき、我が校のスーパースター・王塚真唯とひょんなことからお互いの悩みを共有してヒミツの友達に。真唯がいれば毎日がんばれそう──と思ったはずが!「君に、恋をしてしまったんだ」「待って! 友達どこいった?」 恋人なんて不安定な関係、ムリ! わたしは最高の友達を作って高校生活を楽しみたいの! でも真唯も恋心を諦めきれないようで──。「恋人と親友のどちらが私たちにふさわしいか、勝負で決めよう」 こうして、ふたりの在り方を懸けたノンストップ・ラブコメディが幕を開けたのだった!

 

 

⇒ コミカライズ版『わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)』はこちら

 

次回の更新は2020年5月22日(金)が予定されている。今年2月にはGA文庫刊『女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話』と、ガールズラブコメが同月で2作品刊行され、インタビューも実施していた。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)』は、ダッシュエックス文庫より第1巻が発売中。

 

 

みかみてれん先生インタビュー「ガールズラブコメは女の子たちのハッピーエンドを描く物語」

 

 

©TEREN MIKAMI 2020/集英社 イラスト:竹嶋えく

kiji

[関連サイト]

ダッシュエックス文庫公式サイト

 

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ! (※ムリじゃなかった!?) (ダッシュエックス文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ