『呪いの魔剣で高負荷トレーニング!? ~知られちゃいけない仮面の冒険者~』のコミカライズ連載が先行開始

MFブックス刊『呪いの魔剣で高負荷トレーニング!? ~知られちゃいけない仮面の冒険者~』のコミカライズ連載が、「ComicWalker」にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、能力不明な魔剣を両親にプレゼントされて修練を続けてきた田舎貴族の三男が、冒険者として奮闘する中で魔剣を手放してしまい死を覚悟したところ、手放したことで魔剣の思わぬ効果に気付くことになるファンタジー英雄譚。原作小説は第1巻が5月25日に発売となる。コミカライズの作画は佐々川いこ氏が担当しており、第1話がカラー含む22ページで公開された。魔剣の力で超高負荷トレーニングをしてきた少年の英雄譚が一足早くコミックでスタートした。

 

 

呪いの魔剣で高負荷トレーニング!?

 

 

【あらすじ】

田舎貴族の三男トリスは、冒険者を目指して剣術や魔法の訓練に励んでいた。そんなトリスに両親は、能力は不明ながらも、凄まじい斬れ味の魔剣をプレゼントした。十五歳で家を出たトリスは、剣の腕を評価され、見習い免除で冒険者としてデビューする。魔剣を駆使して奮闘するトリスだったが、ある日、討伐遠征で対峙したゴブリンジェネラルに、魔剣を吹き飛ばされてしまう。もうここまでかと彼が諦めかけたその時――、「いったい、何が起こったんだ……」 まるで枷を外されたかのように、トリスは自らに溢れんばかりの力が漲ってくるのを感じる。魔剣の隠された効果は、まるで呪いのように使用者の能力を抑えつけるものだった!? 魔剣で知らぬ間に高負荷トレーニングをしてきた少年が、今、真の力を解放する!

 

 

⇒ コミカライズ版『呪いの魔剣で高負荷トレーニング!?』はこちら

 

次回の更新は2020年5月25日(月)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ発売される原作小説も読んでもらいたい。『呪いの魔剣で高負荷トレーニング!? ~知られちゃいけない仮面の冒険者~』第1巻はMFブックスより2020年5月25日発売。

 

 

©こげ丸/KADOKAWA MFブックス刊 イラスト:会帆

kiji

[関連サイト]

MFブックス公式サイト

 

呪いの魔剣で高負荷トレーニング!? ~知られちゃいけない仮面の冒険者~ 1 (MFブックス)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ