『むすぶと本。』野村美月氏による新作2冊同時刊行特集ページがオープン サイン入り新刊が抽選で当たる3アカウント合同キャンペーンも開催

ファミ通文庫刊『“文学少女”シリーズ』などを手掛ける野村美月氏の新作『むすぶと本。 『外科室』の一途』、『むすぶと本。 さいごの本やさんの長い長いおわり』が2020年6月30日に発売される。このたび発売に先駆けて、2作品を先行して試し読みができる特集ページが「キミラノ」にてオープンした。特集ページではキミラノパートナーキャラクターである綴野つむぎ、柴藤綾乃による見どころ満載のおすすめコメントも掲載。さらに、ラノベニュースオンラインも参加する3アカウント合同企画「#キミラノ試し読みキャンペーン」もスタートしている。本好きにはたまらない、野村美月氏による最新作に注目だ。

 

 

むすぶと本。2冊同時刊行特集

 

 

むすぶと本。 『外科室』の一途

むすぶと本。 『外科室』の一途

 

 

【あらすじ】

本は読み手を、深く愛している。本の声が聞こえる少年・榎木むすぶ。とある駅の貸本コーナーで出会った1冊の児童書は“ハナちゃんのところに帰らないと”と切羽詰まった声で訴えていた。恋人の夜長姫(=本)に激しく嫉妬され、学園の王子様・姫倉先輩の依頼を解決しながら、“ハナちゃん”を探し当てるのだけれど……。健気な本たちの想いを、むすぶは叶えることができるのか!? 表題作・泉鏡花の『外科室』ほか、“本の味方!”榎木むすぶがさまざまな人と本の問題を解決する学園ビブリオミステリー登場!

 

 

むすぶと本。 さいごの本やさんの長い長いおわり

むすぶと本。 さいごの本やさんの長い長いおわり

 

 

【あらすじ】

店主の急死により、閉店フェアをすることになった幸本書店。そこに現れたのは、故人の遺言により幸本書店のすべての本を任されたという都会から来た高校生・榎木むすぶ。彼は本の声が聞こえるという。その力で、店を訪れる人々を思い出の本たちと再会させてゆく。いくつもの懐かしい出会いは、やがて亡くなった店主・幸本笑門の死の真相へも繋がってゆく――。“本の味方!”榎木むすぶが繋ぐ本と人のビブリオミステリー。

 

 

そして特集ページの公開と先行試し読みを記念して、3アカウントによる合同企画「#キミラノ試し読みキャンペーン」もスタートしている。野村美月広報部(@pr_nomura)、ラノベニュースオンライン公式Twitter(@lnnews)、キミラノ公式Twitter(@kimi_rano)の3つのアカウントをフォローし、『むすぶと本。 『外科室』の一途』、『むすぶと本。 さいごの本やさんの長い長いおわり』の感想を「#むすぶと本」「#キミラノ試し読み」の2つのハッシュタグを付けて投稿することで参加することができる。抽選で3名様に野村美月氏、竹岡美穂氏のサイン入り新刊2冊セットをプレゼントする。感想がどちらか1冊分の場合は作品名をわかるように明記してもらいたい。応募締切は2020年7月7日(火)18:00まで。

 

 

©野村美月/KADOKAWA ファミ通文庫刊 イラスト:竹岡美穂

kiji

[関連サイト]

『むすぶと本。』野村美月新作2冊同時刊行特集ページ

ファミ通文庫公式サイト

 

むすぶと本。 『外科室』の一途 (ファミ通文庫)
むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長い終わり

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ