『虐げられし令嬢は、世界樹の主になりました~もふもふな精霊たちに気に入られたみたいです~』のコミカライズ連載がビーズログ・コミック95号より開始

ドラゴンノベルス刊『虐げられし令嬢は、世界樹の主になりました~もふもふな精霊たちに気に入られたみたいです~』のコミカライズ連載が、2020年12月5日発売の電子雑誌「B’s-LOG COMIC 2020 Vol.95」よりスタートした。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、亡き生母が平民出身だったために虐げられてきた伯爵令嬢が、世界樹の化身と出会い、その主となったことで運命が動き出すシンデレラ・ファンタジー。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画は永倉早氏が担当しており、第1話が掲載された。植物ともふもふ精霊に彩られた奇蹟の物語がコミックでもスタートした。

 

 

虐げられし令嬢は、世界樹の主になりました~もふもふな精霊たちに気に入られたみたいです~

 

 

【原作小説あらすじ】

「おまえなんて、生まれてこなければよかったのに」 亡き生母が平民だったため、伯爵令嬢でありながら罵られ育ったフィオーラ。そんな劣悪な環境も、結婚し家を出れば終わるはず……そう信じていたのに。理不尽な理由で突然婚約を破棄され、さらには唯一の心の拠り所だった母の形見同然の若木に火を放たれて……が、その時、「僕を目覚めさせたのは君かい、主様?」 炎から若木を守ろうとした瞬間、美しい青年が現れる。フィオーラを主と呼ぶ青年の名は、アルム。この世界を支える神も同然の存在、世界樹の化身なのだった。そしてフィオーラは、その霊樹の強大な力を手にできる唯一の存在だという。世界樹の主となり絶大な力を秘めることになったフィオーラの日常は、その日から一変することに……。虐げられてきた美しい娘に秘められた才能と運命をめぐる、植物ともふもふ精霊に彩られたシンデレラ・ファンタジー。

 

 

本雑誌については各電子書籍ストアにて配信が行われている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者は、ぜひ原作小説も読んでみよう。『虐げられし令嬢は、世界樹の主になりました~もふもふな精霊たちに気に入られたみたいです~』は、ドラゴンノベルスより第1巻が発売中。

 

 

©桜井悠/KADOKAWA ドラゴンノベルス刊 イラスト:雲屋ゆきお

kiji

[関連サイト]

ドラゴンノベルス公式サイト

 

【電子版】B's-LOG COMIC 2020 Dec. Vol.95 [雑誌] Kindle版
虐げられし令嬢は、世界樹の主になりました ~もふもふな精霊たちに気に入られたみたいです~ (ドラゴンノベルス)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ