『魔法科高校の劣等生』原作小説シリーズ累計1,200万部を突破 シリーズ全体の累計発行部数は2,000万部を突破

電撃文庫刊『魔法科高校の劣等生』原作小説シリーズの累計が1,200万部を突破した。本作は魔法が現実の技術として確立した世界で、ある欠陥を抱えた兄・司波達也と成績優秀な妹・司波深雪を中心に、魔法科高校での波乱の日々を描いた人気シリーズ。原作小説は全32巻で発売されており、新シリーズとして魔法科高校を卒業した達也たちを描く『続・魔法科高校の劣等生』が昨年10月に始動、そしてもうひとつの新シリーズに達也たちが卒業した魔法科高校を描く『新・魔法科高校の劣等生』も2021年1月9日に動き出す。シリーズ全体の累計発行部数も2,000万部を突破しており、高校生編を終えても司波兄妹の活躍に注目が集まり続けている。

 

 

続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー

 

 

【あらすじ】

数多の強敵を打ち破り、波乱の高校生活に幕を下ろした司波達也。彼は新たな野望の実現のため動き始めていた。一般社団法人『メイジアン・カンパニー』。達也が専務理事に就任したその組織の目的は、魔法適性はあるものの実用レベルに至らない存在、メイジアンの人権保護の実現。魔法師が兵器ではなく人間として生活できる新時代へ向け、達也は大学生ながら、確実に歩みを進めていた。戦略級魔法師を凌駕する影響力を持つ達也の動向は、当然ながら世界中から注目を集める。USNAにある魔法師の結社『FEHR』から、達也の動向を探るべく刺客が送り込まれ……。司波達也の新たな伝説が幕を開ける――。

 

 

2020年10月から12月にかけては『魔法科高校の劣等生 来訪者編』のアニメ放送が行われていた。そして「魔法科」シリーズは2021年に10周年を迎えることになる。様々な展開が予定されているとのことで、そのひとつには『魔法科高校の優等生』のTVアニメ化も発表されたばかり。新アプリ化も発表されるなど、今後の展開も楽しみなこの機会にぜひ原作小説をはじめとした「魔法科」シリーズを読んでもらいたい。原作小説『魔法科高校の劣等生』は、電撃文庫より全32巻で発売中。新シリーズ『新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち』も2021年1月9日発売。

 

 

©佐島勤/KADOKAWA 電撃文庫刊 イラスト:石田可奈

kiji

[関連サイト]

TVアニメ『魔法科高校の優等生』公式サイト

アニメ『魔法科高校の劣等生』公式サイト

TVアニメ『魔法科高校の劣等生』公式Twitter

『魔法科高校の劣等生』原作公式サイト

佐島勤OFFICIAL WEB SITE

電撃文庫公式サイト

 

新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち (電撃文庫)
続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー (電撃文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ