【レポート】アニメ『転生したらスライムだった件 第2期』オンライン先行上映会のオフィシャルレポートが到着

アニメ『転生したらスライムだった件 第2期』より、放送に先駆けて2020年12月26日(土)にZoomにて開催された「キャストトーク付き第25話・第26話オンライン先行上映会」のオフィシャルレポートが到着したので紹介する。今回のイベントはオンラインミーティングツール「Zoom」を使用し、抽選で選ばれた300名のファンの方を無料招待して開催。第25話と第26話の上映前後には、リムル役の岡咲美保さん、シュナ役の千本木彩花さん、ヒナタ役の沼倉愛美さん、そして中山敦史監督もゲストとして登場し、作品への思いや収録の裏話などのトークを披露。今回はオンライン開催という新たな試み、そしてファンが待ち望んだ『転スラ』の新たな一歩として大いに盛り上がった先行上映会の模様をお届けする。

 

 

転スラ先行上映01

前列左から 沼倉愛美、岡咲美保、千本木彩花

後列左から 中山敦史監督 杉本紳朗プロデューサー

 

 

■豪華メンバーが登場していよいよ先行上映スタート!

 

イベント開始予定時間は19時だったが、開始前には千本木さんによるシュナの声で注意事項がアナウンスされ、スタートを待つ参加者にとってうれしいサプライズとなっていた。そしてMCを務める杉本プロデューサーが登場し、ついにイベントがスタート!岡咲さん、千本木さん、沼倉さん、中山監督の順に次々と画面に登場し、画面の前の参加者たちを盛り上げた。『転スラ』イベント初登場の沼倉さんは「初めてのZoomで『転スラ』のイベントも初。ちょっとドキドキワクワクしています」とコメント。中山監督は「出来立ての第25話と第26話をみなさんと一緒に楽しみたい」とイベントへの意気込みを語ってくれた。

 

そして岡咲さんによる「みなさんお待たせいたしました! 上映スタートです」の掛け声とともに、第25話と第26話の先行上映がスタート。リアルでのイベントのように拍手や歓声などを届けられない参加者だが、チャット機能を使ってコメントを投稿。迫力ある戦闘シーンや、第1期と変わらぬキャラクターたちの掛け合いなど、まさにファンが待ち望んだ第2期を、画面の前の参加者たちが存分に堪能している様子をリアルタイムで感じることができた。キャラクターやストーリーへのコメントはもちろん、新たなオープニングと今回初披露となったエンディングテーマに対して特に多くの感想が投稿されていたのが印象的だ。

 

転スラ先行上映02

 

 

■楽しい回答が次々と飛び出した質問コーナー!

 

先行上映終了後、再びキャストとスタッフのみなさんが画面に登場。「なんとか色がついて良かった」とほっと胸をなでおろす中山監督に対して、千本木さんから「本当に素晴らしかった」とお褒めの言葉。続々と投稿された参加者からのコメントに、出演者のみなさんも「うれしい」と喜んでいる様子だった。

 

続いて、参加者から事前に寄せられた質問に答える「質問コーナー」がスタート。最初の質問は「9歳・7歳・5歳の息子たちからの質問です。みんなで仲良くするにはどうしたらいいですか?」というもの。これには岡咲さん、千本木さん、沼倉さんも「かわいい!」と思わず笑顔に!岡咲さんは「私は一人っ子なので兄弟がいることに憧れます。『転スラ』のグッズを使ってごっこ遊びをしているところが見たいなぁ、私が(笑)」と回答。中山監督は「うちの息子たちも同じ年頃でケンカばかりしていますが、マンガやアニメを見たり、ゲームをしているときは静かです。仲良くするにはその3つがあるといいと思います」と答え、さらに友人の娘さんから第1期放送中にファンレターをもらったという心温まるエピソードも語ってくれた。

 

「ヒナタは意外とおしゃべり、と以前コメントされていましたが、実際にセリフが多いと感じるシーンはありましたか?」というファンからの質問に答えるのはもちろん沼倉さん。「出た瞬間『メッチャしゃべるじゃん!』 と思いました。私だけでなくみなさんにとっても、ヒナタの印象が変わっていくのが第2期の見所のひとつだと思っています」と回答。2021年1月5日に、第2期に先駆けて放送された特別エピソード、「閑話:ヒナタ・サカグチ」への期待も煽っていた。

 

転スラ先行上映04

 

続いての「リムルは性別がありませんが、演じるときは男性と女性のどちらのつもりで演じていますか?」という質問に対しては、岡咲さんが「転生前の三上悟さんが37歳の立派な男性として人生を送っていたので心は男の子。それに対して、実際に声を出している私の喉は女性なので、あえて男の子ということを意識して演じることが多いかなと思います」と回答。また「温泉のシーンで、湯船に浮かんでいたミニリムルの材質はなんですか?」というファンならではのユニークな質問も寄せられていたが、他ゲストたちから「どうなんですか!」と突っ込まれた中山監督は「商品化をお待ちください」と回答。その答えに千本木さんは「欲しい!!」と大きく反応していた。

 

「自分が演じている以外のキャラクターを演じるなら?」という、全員に対して行われた質問に、最初に答えたのは沼倉さん。「シオンさんがいいな。大人なのにうわーんと泣けるのがいい。役としても気持ちよさそう」と答えた。また千本木さんは「私はランガをやってみたいんですよ。ランガの見境のない「ハッハッハッハッ」という息遣いがたまらない(笑)」と回答。さらに「大の大人がこんなことしていていいのかなと心配になるくらい、収録のときの小林(親弘)さんはランガになりきっている」という裏話も披露してくれた。そして岡咲さんは「私は小説版のオーディブル(オーディオブック)でさまざまな役を演じさせていただいているんですが、その中で面白かったのは大賢者さん。真似するのがメッチャ楽しいです(笑)」と答えていた。ちなみに中山監督の演じてみたいキャラクターは「ゴブタ」とのこと。第2期でも画面狭しと動き回るであろう、ゴブタの活躍に注目だ。

 

転スラ先行上映03

 

『転スラ』ならではの「転生したら何になりたいですか?」という質問には、沼倉さんは「海の生き物。クラゲがいいな」と回答。千本木さんは「超絶イケメンのアイドルになって爆モテしたい(笑)」、そして岡咲さんは「魔女一択。ホウキで飛びたい!」と、それぞれ個性的な回答で盛り上がっていた。

 

 

■あっという間にイベントは進み、エンディングへ

 

告知コーナーも終了し、キャストトーク付きオンライン先行上映会は終了の時間を迎えた。最後にゲストたちから、参加者の皆さんに対してメッセージが送られた。

 

中山:今まさに第1部制作の佳境に入っています。それが終わると『転スラ日記』、そして夏からは第2部が始まりますので、2021年は『転スラ』のためにすべてを捧げて頑張りたいと思います。よろしくお願いします!

 

沼倉:ヒナタは第1期でも姿だけ登場していましたが、私自身は第2期からの参加なので、緊張感がありながらも受け入れていただいている、という空気の中で収録しています。今日もとても楽しく過ごすことができました。ファンのみなさんにも余すところなく『転スラ』を楽しんでいただきたい、そして私自身も楽しんでいきたいと思っています。2021年、どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました!

 

千本木:ついに第2期が始まるんだとワクワクする気持ちでいっぱいです。今日はアニメーションになった第25話と第26話が見られてとてもうれしかったですね。みんな全力で頑張っていますので、みなさんも放送を楽しみに待っていただければと思います。ありがとうございました!

 

岡咲:今日は年末のお忙しい中、上映会に参加していただき本当にありがとうございました。私自身放送が楽しみなのですが、特に沼倉さんが演じるヒナタをはじめ、魅力的な新キャラクターたちが続々と登場します。そんな新キャラクターたちにリムル様がどう対応していくのか、というのも見所ですので、みなさんぜひぜひ放送を楽しみにしてください。本日はありがとうございました!

 

Zoomによる新しい試みながら、大成功に終わった「『転生したらスライムだった件 第2期』キャストトーク付き第25話・第26話オンライン先行上映会」。2021年1月12日から放送される第2期に向けて、期待が高まるイベントだった。

 

転スラ先行上映05

 

転スラ先行上映06

 

 

©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

kiji

[関連サイト]

『転生したらスライムだった件』ポータルサイト

TVアニメ『転生したらスライムだった件』公式Twitter

『転生したらスライムだった件』原作特設サイト

GCノベルズ公式サイト

 

転生したらスライムだった件 17 (GCノベルズ)
OAD付き 転生したらスライムだった件(16)限定版 (講談社キャラクターズライツ)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ