『86―エイティシックス― ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―』のコミカライズ連載が開始

電撃文庫刊『86―エイティシックス―』の新コミカライズ連載が、マンガアプリ「マンガUP!」にて開始された。本作は第23回電撃小説大賞「大賞」受賞作で、無人機による帝国からの侵略を、同じく無人戦闘機で退ける共和国を舞台に、戦場での犠牲者はゼロという標榜の裏側で散り往く少年少女たちと、指揮管制官の少女との戦いと別れを描くミリタリーSFアクション。原作小説は現在第8巻まで発売されており、2021年4月よりTVアニメの放送も行われる。新コミカライズの作画は山﨑博也氏が担当しており、第1話が無料公開されているほか、先読みではその続きを読むことができる。新コミカライズ『86―エイティシックス― ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―』は原作小説第2巻からの物語として、コミックがスタートした。

 

 

86―エイティシックス―Ep.2

 

 

【原作小説第2巻あらすじ】

共和国の指揮官・レーナとの非業の別れの後、隣国ギアーデ連邦へとたどり着いたシンたち〈エイティシックス〉の面々は、ギアーデ連邦軍に保護され、一時の平穏を得る。だが──彼らは戦場に戻ることを選んだ。連邦軍に志願し、再び地獄の最前線へと立った彼らは、『隣国からやってきた戦闘狂』と陰で囁かれながらも、シンの“能力”によって予見された〈レギオン〉の大攻勢に向けて戦い続ける。そしてその傍らには、彼らよりさらに若い、年端もいかぬ少女であり、新たな仲間である「フレデリカ・ローゼンフォルト」の姿もあった。少年たちは、そして幼き少女はなぜ戦うのか。そして迫りくる〈レギオン〉の脅威を退ける術とは、果たして──? シンとレーナの別れから、奇跡の邂逅へと至るまでの物語を描く、〈ギアーデ連邦編〉前編!“──死神は、居るべき場所へと呼ばれる”

 

 

次回の更新は2021年1月31日(日)となり、毎週日曜日に更新が行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『86―エイティシックス―』は、電撃文庫より第8巻まで発売中。最新9巻も2021年2月10日発売。

 

 

©安里アサト/KADOKAWA 電撃文庫刊 イラスト:しらび

kiji

[関連サイト]

TVアニメ『86―エイティシックス―』公式サイト

『86―エイティシックス―』原作特設サイト

電撃文庫公式サイト

 

86―エイティシックス―Ep.9 ―ヴァルキリィ・ハズ・ランデッド― (電撃文庫)
86―エイティシックス―Ep.2 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈上〉 (電撃文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ