『ドラキュラやきん!』のコミカライズ連載がコミックアライブ5月号より開始

電撃文庫刊『ドラキュラやきん!』のコミカライズ連載が、2021年3月27日発売の「コミックアライブ5月号」よりスタートした。本作は『はたらく魔王さま!』などを手掛ける和ヶ原聡司氏の新シリーズで、夜しか活動できない吸血鬼・虎木由良がコンビニの“夜勤”をしながら、天敵であるシスター・アイリスと共に社会を乱すファントムを追う、波乱の日々を描いた日常ファンタジー作品。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画は浅草九十九氏が担当しており、第1話「吸血鬼は朝帰りできない」が巻中カラーを飾った。コンビニの夜勤に勤しむドラキュラ日常ファンタジーがコミックでもスタートした。

 

 

ドラキュラやきん!

 

 

【原作小説あらすじ】

太陽の光を浴びると灰になってしまう存在、吸血鬼。夜しか活動できない彼らだが、現代では割と問題なく生活していた。そう、なぜなら“夜勤”で働くことができるから――。虎木由良は現代に生きる吸血鬼。バイト先は池袋のコンビニ(夜勤限定)、住まいは日当たり激悪半地下物件(遮光カーテン必須)。人間に戻るため、清く正しい社会生活を営んでいる。なのにある日、酔っ払いから金髪美少女を助けたら、なんと彼女は吸血鬼退治を生業とするシスター、アイリスだった! しかも天敵である彼女が一人暮らしの部屋に転がり込んできてしまい――!? 虎木の平穏な吸血鬼生活は、一体どうなる!?『はたらく魔王さま!』の和ヶ原聡司が贈るドラキュラ日常ファンタジー!

 

 

第2巻発売時には逢坂良太さん日笠陽子さんの『はたらく魔王さま!』タッグによるPVも公開され話題を呼んでいた。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『ドラキュラやきん!』は、電撃文庫より第2巻まで発売中。

 

 

 

 

©和ヶ原聡司/KADOKAWA 電撃文庫刊 イラスト:有坂あこ

kiji

[関連サイト]

『ドラキュラやきん!』特設サイト

電撃文庫公式サイト

 

コミックアライブ 2021年5月号
ドラキュラやきん! (電撃文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ