『真の聖女である私は追放されました。だからこの国はもう終わりです』のコミカライズ連載が開始

Kラノベブックス刊『真の聖女である私は追放されました。だからこの国はもう終わりです』のコミカライズ連載が、マンガアプリ「Palcy」にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、偽の聖女だとして国外追放と婚約破棄を宣告された聖女が、隣国で自由気ままに生きることにした一方で、聖女を失った王国が破滅へと向かっていく追放ファンタジー。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画は松もくば氏が担当しており、第1-1話が無料で公開されているほか、先読みではその続きを読むことができる。追放された聖女の気ままな生活と王国崩壊を描く物語がコミックでもスタートした。

 

 

真の聖女である私は追放されました。だからこの国はもう終わりです

 

 

【原作小説あらすじ】

「偽の聖女であるお前はもう必要ない!」 ベルカイム王国の聖女エリアーヌは突如、婚約者であり第一王子でもあるクロードから、国外追放と婚約破棄を宣告されてしまう。クロードの浮気にもうんざりしていたエリアーヌは、国を捨て、自由気ままに生きることにした。そして、隣国リンチギハムの王子ナイジェルと出会い、彼の住む城で暮らし始めたエリアーヌ。一方、結界を張りベルカイムを陰から支えていた『真の聖女』である彼女を失ったことで、王国は破滅への道を辿っていき……!?

 

 

⇒ コミカライズ版『真の聖女である私は追放されました。だからこの国はもう終わりです』はこちら

 

次回の更新は2021年4月26日(月)に行われ、毎週月曜日に更新が行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『真の聖女である私は追放されました。だからこの国はもう終わりです』は、Kラノベブックスより第1巻が発売中。

 

 

©鬱沢色素/講談社 イラスト:ぷきゅのすけ

kiji

[関連サイト]

Kラノベブックス公式サイト

 

真の聖女である私は追放されました。だからこの国はもう終わりです (Kラノベブックス)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ