ラノベニュースオンラインアワード2021年4月刊の投票アンケート結果を発表

 

ラノベニュースオンラインアワード4月刊

 

 

発売されたばかりのライトノベルから面白い作品を発信していくラノベニュースオンラインアワード2021年4月刊の投票アンケート結果を発表いたします。得票数の多かった順から【総合部門】【新作総合部門】【新作部門】にて3作品ずつ、【熱かった部門】【感動した部門】【笑った部門】【萌えた部門】では1作品ずつ選出しました。2021年の躍進に期待が寄せられる選出作品に大注目です!

 

 

2021年4月刊

総合部門

 

千歳くんはラムネ瓶のなか(ガガガ文庫)

千歳くんはラムネ瓶のなか5

 

 

Unnamed Memory(電撃の新文芸)

Unnamed Memory VI

 

 

春夏秋冬代行者 春の舞(電撃文庫)

春夏秋冬代行者 春の舞 上

 

 

総合部門は全得票の中から部門をはじめシリーズや新作を問わず、得票数の多かった作品が選出されています。第5巻が発売されたガガガ文庫刊『千歳くんはラムネ瓶のなか』、第6巻が発売された電撃の新文芸刊『Unnamed Memory』、新シリーズとして上下巻が同時発売された電撃文庫刊『春夏秋冬代行者 春の舞』の3作品が選出されました。『千歳くんはラムネ瓶のなか』には「毎回仕事に支障が出るほどの影響を与えてくれる作品です。これほど次の巻が楽しみな作品は他にありません(社貝人)」や「ここから何かが起きそうな期待感と不安感などたくさんの感情がごちゃまぜになってしまいました。6巻はやくよみたいです(みうみん)」などの感想が寄せられました。『Unnamed Memory』には「凄く心を揺さぶられ、最後の最後まで惹き付けられました。最終巻の後に、1巻の口絵の一文を読み返して、伏線に震えました。一生心に残る物語だと思います(名無し)」や「完結お疲れ様でした。二人が辿った物語とこれからの道行きを思うと切ない。手放しで喜べる終わりではないかもしれませんが、強い人間である彼らだからこそ選べた運命に心を動かされました(もちこ)」などの感想が寄せられました。続いては個別部門です。

 

 

2021年4月刊

熱かった部門

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか17

 

 

2021年4月刊

感動した部門

 

Unnamed Memory(電撃の新文芸)

Unnamed Memory VI

 

 

2021年4月刊

笑った部門

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14.5

 

 

2021年4月刊

萌えた部門

 

両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。(ファンタジア文庫)

両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。2

 

 

第17巻が発売されたGA文庫刊『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』が熱かった部門を、「総合部門」でも選出された『Unnamed Memory』が感動した部門を、第14.5巻が発売された『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』が笑った部門を、第2巻が発売されたファンタジア文庫刊『両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。』が萌えた部門で選出されました。『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』には「みんなのベルへの想いが最高!(アーマー)」や「ダンまち、サイコーです。本当に泣けました。ベルかっこ良かったです。ヘスティアがまともに仕事したの初めて見ましたわ(笑)(躍翔)」などの感想が寄せられました。『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』には、「奉仕部のメンバーがまた見れて嬉しかった!まだまだ続けぇー!(稀に見るアルミニウム)」や「ここぞのところで俺ガイルぽさがドン!とでており、さすが俺ガイル!と言わざるを得ませんでした(白菜)」などの感想が寄せられました。『両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。』には「4月の新刊で頭1つ抜けていた。登場キャラクター一人一人の立ち位置、話の構成、全てにおいてここまで出来が良いと思った小説は久しぶり(rotti619)」や「二巻は推しがとにかく可愛くすべてに萌えました(りんね)」などの感想が寄せられました。続いては新作です。

 

 

2021年4月刊

新作総合部門

 

春夏秋冬代行者 春の舞(電撃文庫)

春夏秋冬代行者 春の舞 上

 

 

服飾師ルチアはあきらめない ~今日から始める幸服計画~(MFブックス)

服飾師ルチアはあきらめない ~今日から始める幸服計画~

 

 

男女の友情は成立する?(いや、しないっ!!)(電撃文庫)

男女の友情は成立する?(いや、しないっ!!)2

 

 

2021年の新作総合部門では全得票数の中から部門を問わず、得票数の多かった2021年刊行の新作(シリーズ化も含)が選出されており、「総合部門」でも選出された『春夏秋冬代行者 春の舞』、MFブックス刊『服飾師ルチアはあきらめない ~今日から始める幸服計画~』、第2巻が発売された電撃文庫刊『男女の友情は成立する?(いや、しないっ!!)』が選出されました。『服飾師ルチアはあきらめない ~今日から始める幸服計画~』には「服飾に対する知識を感じながら読めるので、新たな趣味に目覚めそうです。続編、コミカライズが楽しみです。両作品とも作者、絵師様魅力的で、本当に久しぶりにハマっています。良い作品をありがとうございます!(きゆ)」や「様々なコンプレックスを抱えていた人達が、前向きで服飾愛に溢れるルチアとの出会いによってそれぞれ前進していく物語に元気をもらいました。ダリヤもルチアの親友という立場で登場していて面白かったです。明るく努力家なルチアの今後の活躍をもっと見たいです!(るんば)」などの感想が寄せられました。『男女の友情は成立する?(いや、しないっ!!)』には「主人公がブリザードフラワーを作る趣味を持つという点がとても新鮮で、自分は花の全く知識が無かったので調べながら読むのが楽しかったです。花言葉を巧みに使ってヒロイン達との関係性を表したりする描写が本当に素敵だし、2巻から登場するヒロインお兄さんが本当に良いスパイスとなって1巻に続いてめちゃくちゃ面白かったです(にっちぇる)」や「1巻の結末を経て更に面白くなった今巻。熱すぎる展開に加えて、焦れったさも感じる結末。揺れ動く様々な想いの行方が、非常に楽しみです(youhei.S)」などの感想が寄せられました。

 

 

2021年4月刊

新作部門

 

春夏秋冬代行者 春の舞(電撃文庫)

春夏秋冬代行者 春の舞 下

 

 

服飾師ルチアはあきらめない ~今日から始める幸服計画~(MFブックス)

服飾師ルチアはあきらめない ~今日から始める幸服計画~

 

 

時をかけてきた娘、増えました。(ガガガ文庫)

時をかけてきた娘、増えました。

 

 

新作部門は面白かった新作に投票された作品より選出されています。「総合部門」「新作総合部門」でも選出された『春夏秋冬代行者 春の舞』、新作総合部門でも選出された『服飾師ルチアはあきらめない ~今日から始める幸服計画~』、ガガガ文庫刊『時をかけてきた娘、増えました。』が選出されました。『春夏秋冬代行者 春の舞』には「すごくおもしろかったです。文章が豊かで、登場人物たちの心理描写も繊細でグッと惹き込まれました。読み返すたびに泣いてしまうほど心を揺さぶられた作品です(ゆの)」や「キャラクターが皆、魅力的です。また情景描写などの文体がいつも通り美しかったです。挿絵とは別にページの下に花が描かれているのには驚きました。それぞれの過去やその後のストーリーなど、また続刊を出していただけると嬉しいです!(めぐみ)」などの感想が寄せられました。『時をかけてきた娘、増えました。』には「作者の無謀な告知企画で知って読んだ「時をかけてきた娘、増えました。」ですが、収拾つかない状態で終わっているのが、とてもよい終わりかただったと思います。きれいにまとめてしまったら興ざめだったかと。こいつどんな世界線でじんせいわ送っていくんだ、と想像にはせる読後感、いいです。今滋先生、頑張って1000キロ走ってください(えふ)」などの感想が寄せられました。

 

 

有効票数は433票。2021年4月刊作品では以上の結果となりました。選出作品は2021年のノミネート作品となるとともに、今後のさらなる飛躍が楽しみな作品と言っても過言ではありません。ライトノベルはどの作品を読んだらいいかわからない、「今」面白いと言われている作品を読んでみたい、そんな方々はぜひ選出作品を読んでみましょう。

 

また、残念ながらノミネートは叶わずとも複数の投票者から注目を集めていた作品として、新作部門ではブレイブ文庫刊『クール美少女の秘密な趣味を褒めたらめちゃくちゃなつかれた件』やスニーカー文庫刊『飛び降りようとしている女子高生を助けたらどうなるのか?』、笑った部門では第3巻が発売されたダッシュエックス文庫刊『わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)』などが惜しい結果でした。

 

2021年内の飛躍が期待されるラノベニュースオンラインアワード2021年5月刊を対象とした投票アンケートは2021年6月上旬より開催を予定しています。発売されたばかりの旬なライトノベルを盛り上げるため、2021年の5月刊であなたが読み、そしてオススメしたい作品にぜひ投票してみてください。

 

千歳くんはラムネ瓶のなか (5) (ガガガ文庫 ひ 5-5)
Unnamed Memory VI 名も無き物語に終焉を (DENGEKI)
春夏秋冬代行者 春の舞 上 (電撃文庫)
春夏秋冬代行者 春の舞 下 (電撃文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 17 (GA文庫)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 14.5 (14.5) (ガガガ文庫 わ 3-30)
両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。2 (ファンタジア文庫)
服飾師ルチアはあきらめない ~今日から始める幸服計画~ (MFブックス)
男女の友情は成立する?(いや、しないっ!!) Flag 2. じゃあ、ほんとにアタシと付き合っちゃう? (電撃文庫)
時をかけてきた娘、増えました。 (ガガガ文庫 い 9-5)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ