『転生王子はダラけたい』の新コミカライズ『転生王子は(学園でも)ダラけたい』の連載が開始 

アルファポリス刊『転生王子はダラけたい』の新コミカライズ連載が、「アルファポリス公式WEB漫画」にて開始された。本作は小説投稿サイト「アルファポリス」発の作品で、異世界の小国の王子に転生した苦労人の元大学生が、過保護な家族や家臣に囲まれながら、気ままにダラけた夢の生活を送ろうとするも、なかなかぐ~たらできない転生ファンタジーを描いた人気シリーズ。原作小説は現在第11巻まで発売されている。新コミカライズ『転生王子は(学園でも)ダラけたい』の作画は川越マチコ氏が担当しており、第1話「旅の仲間」が48ページで公開された。遊学旅に出たフィルと従者の獣人カイルの学園ドラマが新コミックでスタートした。

 

 

転生王子は(学園でも)ダラけたい 漫画

 

 

【原作小説あらすじ】

大学生の俺・一ノ瀬陽翔はある朝目覚めると、異世界の小国王子フィル・グレスハートに転生していた。窮屈だった前世の反動で、これからは思いっきりダラけて過ごしたい…そう思っていたのだが。初めて契約した召喚獣が、国家を滅ぼす力を持つヤバすぎる伝説の獣だったり、自分が食べたくて作った料理やデザートが、国中で話題になっちゃったり。どうしてこうなった…癒しが欲しくて今度こそもふもふの召喚獣を手に入れようと森に行ったら、なんかバカでかい蜘蛛が襲ってきたんですけど!? ど、どうしよう。これじゃ、ぐ~たら生活どころじゃないよぉ~!!

 

 

⇒ コミカライズ版『転生王子は(学園でも)ダラけたい』はこちら

 

次回の更新は2021年7月15日(木)が予定されており、今後の更新は毎月第3木曜日に行われる。また、本作の前日譚にあたる転生直後から幼少期までを描いたコミック版『転生王子はダラけたい』も全3巻で刊行されており、あわせて読むことで一層フィルたちの活躍を知ることができる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『転生王子はダラけたい』は、アルファポリスより第11巻まで発売中。最新12巻も2021年7月発売予定。

 

 

©川越マチコ・朝比奈和/アルファポリス

kiji

[関連サイト]

アルファポリス公式サイト

 

転生王子はダラけたい (11)
転生王子はダラけたい

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ