ラノベニュースオンラインアワード2021年6月刊の投票アンケート結果を発表

 

ラノベニュースオンラインアワード6月刊

 

 

発売されたばかりのライトノベルから面白い作品を発信していくラノベニュースオンラインアワード2021年6月刊の投票アンケート結果を発表いたします。得票数の多かった順から【総合部門】【新作総合部門】【新作部門】にて3作品ずつ、【熱かった部門】【感動した部門】【笑った部門】【萌えた部門】では1作品ずつ選出しました。2021年の盛り上がりに期待が寄せられる選出作品に大注目です!

 

 

2021年6月刊

総合部門

 

ホヅミ先生と茉莉くんと。(電撃文庫)

ホヅミ先生と茉莉くんと。Day.2

 

 

サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと(カドカワBOOKS)

サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと

 

 

母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ(ファンタジア文庫)

母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ2

 

 

総合部門は全得票の中から部門をはじめシリーズや新作を問わず、得票数の多かった作品が選出されています。第2巻が発売された電撃文庫刊『ホヅミ先生と茉莉くんと。』、新シリーズとして発売されたカドカワBOOKS刊『サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと』、第2巻が発売されたファンタジア文庫刊『母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ』の3作品が選出されました。『ホヅミ先生と茉莉くんと。』には「すごく面白かったです。幸せで、優しくて熱い物語でした(とこー)」や「ホヅミと茉莉の優しい日常の描写にとっても癒されました(夏男)」、「1巻に比べると笑いが増していたかつ、ラノベ作品のコミカライズがどのような背景で生まれていくのか知ることができたのが非常に興味深い巻でした。次回はどのようなテーマが描かれるか楽しみです(あみの)」などの感想が寄せられました。続いては個別部門です。

 

 

2021年6月刊

熱かった部門

 

魔女と猟犬(ガガガ文庫)

魔女と猟犬2

 

 

2021年6月刊

感動した部門

 

ホヅミ先生と茉莉くんと。(電撃文庫)

ホヅミ先生と茉莉くんと。Day.2

 

 

2021年6月刊

笑った部門

 

母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ(ファンタジア文庫)

母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ2

 

 

2021年6月刊

萌えた部門

 

サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと(カドカワBOOKS)

サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと

 

 

第2巻が発売されたガガガ文庫刊『魔女と猟犬』が熱かった部門を、「総合部門」でも選出された『ホヅミ先生と茉莉くんと。』が感動した部門を、こちらも「総合部門」で選出された『母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ』が笑った部門を、こちらも「総合部門」選出『サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと』が萌えた部門で選出されました。『母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ』には「読んでいて枕を頭からかぶりたくなる気恥ずかしさは健在。読む麻薬(うどんすき)」や「笑いと家族愛が溢れ、混沌を極めるラブコメディ。今巻も最高でした!!個人的な好みに刺さりすぎてヤバいです…笑(youhei.S)」などの感想が寄せられました。続いては新作です。

 

 

2021年6月刊

新作総合部門

 

ホヅミ先生と茉莉くんと。(電撃文庫)

ホヅミ先生と茉莉くんと。Day.2

 

 

サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと(カドカワBOOKS)

サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと

 

 

魔女と猟犬(ガガガ文庫)

魔女と猟犬2

 

 

2021年の新作総合部門では全得票数の中から部門を問わず、得票数の多かった2021年刊行の新作(シリーズ化も含)が選出されており、「総合部門」と「感動した部門」でも選出された『ホヅミ先生と茉莉くんと。』、「総合部門」と「萌えた部門」でも選出された『サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと』、「熱かった部門」でも選出された『魔女と猟犬』が選出されました。『サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと』には「人見知り故に、無詠唱魔術と言う特殊技法を編み出した主人公の少女モニカ。日常ではオドオドした小動物的な彼女が、好きな数字や魔術に関しては口数が増えたり、その実力を発揮するタイミングでは格好良かったり、ギャップが愛おしく面白い作品でした(ちゃか)」や「web版からのファンで、なろうランキングという長文タイトルがひしめく魔境でたった『サイレント・ウィッチ』という短いタイトルのみで上位に食いこんでいた時点で異質でしたが、読んでみて納得するくらいの完成度の高さでした。web版はもう最後まで読破したのですが、それでも改めて読んで新鮮な楽しさを与えてくれるような1冊でした。もうとにかくモニカが可愛いですし、これから彼女がどんどん成長したり、web版のあの癖の強いキャラ達が登場するのかと思うと次巻も楽しみです(アーミー隊)」などの感想が寄せられました。

 

 

2021年6月刊

新作部門

 

君は初恋の人、の娘(GA文庫)

君は初恋の人、の娘

 

 

僕の愛したジークフリーデ 第1部 光なき騎士の物語(電撃文庫)

僕の愛したジークフリーデ 第1部 光なき騎士の物語

 

 

虚ろなるレガリア Corpse Reviver(電撃文庫)

虚ろなるレガリア Corpse Reviver

 

 

新作部門は面白かった新作に投票された作品より選出されています。GA文庫刊『君は初恋の人、の娘』、電撃文庫刊『僕の愛したジークフリーデ』、電撃文庫刊『虚ろなるレガリア Corpse Reviver』が選出されました。『君は初恋の人、の娘』には「全てにおいて心を鷲掴みにされました。今後の展開も非常に楽しみな新作です!(youhei.S)」などの感想が寄せられました。

 

 

有効票数は124票。2021年6月刊作品では以上の結果となりました。選出作品は2021年のノミネート作品となるとともに、今後のさらなる飛躍が楽しみな作品と言っても過言ではありません。ライトノベルはどの作品を読んだらいいかわからない、「今」面白いと言われている作品を読んでみたい、そんな方々はぜひ選出作品を読んでみましょう。

 

また、残念ながらノミネートは叶わずとも複数の投票者から注目を集めていた作品として、熱かった部門では第10巻が発売された電撃文庫刊『86―エイティシックス―』、感動した部門では第5巻が発売されたスニーカー文庫刊『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』、新作部門では電撃文庫刊『キミの青春、私のキスはいらないの?』などが惜しい結果でした。

 

2021年内の飛躍が期待されるラノベニュースオンラインアワード2021年7月刊を対象とした投票アンケートは2021年8月上旬より開催を予定しています。発売されたばかりの旬なライトノベルを盛り上げるため、2021年の7月刊であなたが読み、そしてオススメしたい作品にぜひ投票してみてください。

 

ホヅミ先生と茉莉くんと。 Day.2 コミカライズはポンコツ日和 (電撃文庫)
サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと (カドカワBOOKS)
母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ2 せめて息子のラブコメに妹までまぜないでください (ファンタジア文庫)
魔女と猟犬 (2) (ガガガ文庫 か 8-12)
君は初恋の人、の娘 (GA文庫)
僕の愛したジークフリーデ 第1部 光なき騎士の物語 (電撃文庫)
虚ろなるレガリア Corpse Reviver (電撃文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ