【レポート】アニメ『月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)』オンライン先行上映会のオフィシャルレポートが到着

ガガガ文庫発のアニメ『月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)』より、2021年9月4日(土)にStagecrowdにて開催されたオンライン先行上映会のオフィシャルレポートが到着したので紹介する。イベントでは第1話、第2話の先行上映が行われたほか、イリナ役の林原めぐみさん、レフ役の内山昂輝さん、アーニャ役の木野日菜さん、監督の横山彰利氏が登壇。WEBラジオの配信決定をはじめ、最新情報も一挙解禁された。

 

 

月とライカと吸血姫

 

 

2021年9月4日、TVアニメ「月とライカと吸血姫」のオンライン先行上映会が開催された。第1話、第2話の上映に加え、キャストとスタッフによるトークも予定されていたこともあり、開場直後からチャット欄では、ファンたちによる期待の声が多く見られた。配信が始まると、フリーアナウンサーの田口尚平さんが司会のもと、イリナ役・林原めぐみさんとレフ役・内山昂輝さん、アーニャ役・木野日菜さんが挨拶。役に合わせ、紅のカラーコンタクトを付けた林原さんの姿も印象的だった。三人が集うのは、3月まで行われたアフレコ以来のこと。既に第1話と第2話を鑑賞したと言うが、内山さんは「すぐに第3話が観たくなるエンディングだった」と語る。木野さんはコロナ禍でキャストが全員揃ってのアフレコができなかったことに触れ、「他の人の声や音楽が合わさると、こんな印象になるんだ!」と嬉しそうに話した。アフレコ当時の話も明かしながら、視聴者たちの期待を煽る三人。そして林原さんがフリをする形で、第1話と第2話の上映が始まった。

 

光田康典さんによる壮大な劇伴音楽とともに、先行上映がスタート。原作の物語を忠実に描きながらも、細部がアニメならではの描写にチューニングされた本作。木野さんが語ったように、画と声優の演技、劇伴、効果音など様々な要素が加わったことで、原作読者でも新鮮な味わいを感じられただろう。アニメで本作の物語に初めて触れる人にとっては、人類の代わりに吸血鬼をロケットに乗せ飛行実験を行うツィルニトラ共和国連邦の計画に心が躍らされたのではないだろうか。そして内山さんの言葉の通り、まだまだイリナとレフの姿を見ていたいと感じたことだろう。壮大な物語の幕開けに興奮も冷めやらぬ中、先行上映が終了した。

 

その後、横山彰利監督も加わり、アフタートークへ。横山監督はレフが被っていたものと同じウシャンカ(編註:ロシア帽のこと)を被って登壇。会場は笑いの渦に包まれる。そして横山監督はスタジオから持ってきたという美術ボードや設定資料を公開。牧野圭祐さんによる濃密な原作小説からどこを切り取って見せるかを明確にしたと明かす。その上で「(設定考証の)松浦晋也さんの協力によって、パラシュートの降下訓練の高度や月齢などまですべての話数で設定を考えています」と貴重なエピソードを語り、内山さんは「想像していた以上のことが行われていた」と驚きの表情を見せる。

 

そして話題はそれぞれのキャラクターの印象へ。林原さんはイリナについて、「いま私に依頼が来たのは、(イリナが)ただの少女ではなく背負ってきた苦しみがあり、その心のひだの部分を託されたから」と感じているという。そのうえで、「レフとの交流でだんだんと和らいでいく、その過程が楽しい」と語る。第1話と第2話でも描かれた食事シーンに関して、内山さんは「イクラを食べるところのこだわりが凄かった」と感嘆。横山監督は「味覚がなく、触感がメインであるイリナに特徴を持たせたかった」と演出意図を明かした。もう一人の主人公であるレフについて内山さんは、「押しつけがましくない良い奴なので、バランス感覚を保って人間らしくなるように演じました」と役作りについて語る。林原さんは「内山くんの仄暗い感じがレフのイメージと合致した」、木野さんは「内山さんの声から温かさが溢れていて、頼りがいがある」と絶賛。アーニャに関して、木野さんは「嘘をつかない子なのでまっすぐに演じました」と魅力をアピール。林原さんは「逆に丁寧に扱われないことで研究物に対する愛情を感じました。癒される存在です」とアーニャに対する印象を語った。また他のキャラクターに関して内山さんは「おじさまキャラがこれからどんどん活躍していく」と明かす。横山監督はその中でも宇宙船の設計技師長のコローヴィンに注目してほしいと語った。林原さんはどのキャラクターも名前が普段なかなか口にしない語感のものとした上で、「名前を呼ぶことで作品の世界観、重たさが作られていくところにも注目してほしい」とポイントを提示。木野さんは「ローザやナタリアといった女性キャラも、どんどん面白さが出てくる」とにこやかに語った。

 

一旦、公開中の本PVを挟んだ後、今後の展開について語ることに。林原さんは「人間と吸血鬼という関係だけでなくレフとチームのメンバーたちとの関係がどうなっていくのか」が楽しみな点であるとしながら、「楽しいファンタジー作品ではあるものの、政治的な部分を軸にいろいろなテーマが派生していく、その内容を感じ取って、見た後に楽しさ以外にも何かざらっとしたものを感じていただければ」と本作ならではの見どころを紹介。内山さんは第2話でも描かれた宇宙飛行士の訓練に触れ、「訓練を積み重ねて計画を成功に導けるのか、そして一人だと弱いレフたち個人が、組織や国といった大きな存在にどう立ち向かっていくのかも楽しみにしてください」とコメントした。

 

 

 

 

木野さんは内山さんの言葉に同意しながら、「人と人との関わり」が本作最大のポイントだと語る。そして「第2話のラストで描かれた怪しげな存在が誰なのかも楽しみ」と気になる点も視聴者にアピールする。横山監督は三人の見どころを踏まえたうえで、本作を制作しながら変化していった自身の心情を明かす。「最初は宇宙開発がメインテーマだと思っていましたが、制作しながらキャラクターの恋愛に軸足を置くようになりました」と告白。「宇宙開発がベースのストーリーですが、恋愛ものとしての見方もあるので、思い思いの楽しみ方をしてください」と締める。

 

その後、様々な最新情報が解禁。WEBラジオ『月とライカと吸血姫 ~アーニャ・シモニャン・ラジオニャン!~』の告知で、パーソナリティを務める木野さんは「まさか私が。大丈夫ですか!?」とオファーを受けた際の気持ちを赤裸々に告白。初回ゲストの内山さんは「木野さんの個性が爆発した内容なので、詳細は聴いて確かめてほしい」と感想を語った。

 

 

月とライカと吸血姫~アーニャ・シモニャン・ラジオニャン!~

 

 

遂に動き出した「月とライカと吸血姫」。来月に放送を控え、木野さんは「毎週の楽しみの一つになってくれたら」と視聴者に呼びかけた。内山さんは横山監督の明かした設定に驚きを隠せず、「新たな発見があったので、オーディオコメンタリーでマニアックな理系トークが聞きたい!」と希望。林原さんはナタリア役の井上喜久子さんから「キュンキュンしたよ!」と言われたことを明かし、「監督が仰るように恋愛ドラマな一面もあるので、キュンキュンしながら楽しんでください」と語る。横山監督は自身で作りながらも、内容に涙を流した話数があることを明かし、「いい作品ができたと思っています。青年と女の子が出会って世界を変えていくというお話を楽しく見てほしい」と本作の見どころをアピールした。チャット欄では10月3日からの放送と第3話以降が楽しみでたまらないという熱気に包まれ、和やかなムードの中、オンライン先行上映会は終了した。

 

なお、オンライン先行上映会は現在、アーカイブ(見逃し)配信が9月11日(土)23:59まで「Stagecrowd」にて配信中。ぜひこの配信期間中に何度でも繰り返しご覧いただきたい。

 

 

©牧野圭祐・小学館/「月とライカと吸血姫」製作委員会

kiji

[関連サイト]

TVアニメ『月とライカと吸血姫』公式サイト

TVアニメ『月とライカと吸血姫』公式Twitter

ガガガ文庫公式サイト

 

月とライカと吸血姫: 月面着陸編・下 (7)
月とライカと吸血姫 (ガガガ文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ