ラノベニュースオンラインアワード2021年8月刊の投票アンケート結果を発表

 

ラノベニュースオンラインアワード8月刊

 

発売されたばかりのライトノベルから面白い作品を発信していくラノベニュースオンラインアワード2021年8月刊の投票アンケート結果を発表いたします。得票数の多かった順から【総合部門】【新作総合部門】【新作部門】にて3作品ずつ、【熱かった部門】【感動した部門】【笑った部門】【萌えた部門】では1作品ずつ選出しました。2021年の盛り上がりに期待が寄せられる選出作品に大注目です!

 

 

2021年8月刊

総合部門

 

継母の連れ子が元カノだった(スニーカー文庫)

継母の連れ子が元カノだった7

 

 

千歳くんはラムネ瓶のなか(ガガガ文庫)

千歳くんはラムネ瓶のなか6

 

 

プロペラオペラ(ガガガ文庫)

プロペラオペラ5

 

 

総合部門は全得票の中から部門をはじめシリーズや新作を問わず、得票数の多かった作品が選出されています。第7巻が発売されたスニーカー文庫刊『継母の連れ子が元カノだった』、第6巻が発売されたガガガ文庫刊『千歳くんはラムネ瓶のなか』、第5巻が発売されたガガガ文庫刊『プロペラオペラ』の3作品が選出されました。『継母の連れ子が元カノだった』には「連れカノでは新キャラが3人も出てきたのにまず驚きましたどうゆうキャラなのかとワクワクして読んだらライバル視する同級生に陽キャの二年の先輩生徒会室のソファで寝てる三年の先輩であんまり個性強めじゃなく程よい感じがたまりませんでした。ゆめがみずとを返してと言ったときは顔が赤くなりました(名無し)」や「結女と生徒会メンバーの絡み、水斗との関係が面白かった(ろーと)」などの感想が寄せられました。『プロペラオペラ』には「積み上げられてきた物語が、この一冊に凝縮されているような……そんな感覚です。様々な感情が込み上げてきて涙が止まりませんでしたね。どこか心も温かくなる感動の完結巻でした(youhei.S)」や「犬村さんの戦争ラノベの集大成。これを読んで泣かない人はいない(gatsutaka)」などの感想が寄せられました。続いては個別部門です。

 

 

2021年8月刊

熱かった部門

 

神は遊戯に飢えている。(MF文庫J)

神は遊戯に飢えている。3

 

 

2021年8月刊

感動した部門

 

千歳くんはラムネ瓶のなか(ガガガ文庫)

千歳くんはラムネ瓶のなか6

 

 

2021年8月刊

笑った部門

 

嘆きの亡霊は引退したい(GCノベルズ)

嘆きの亡霊は引退したい7

 

 

2021年8月刊

萌えた部門

 

継母の連れ子が元カノだった(スニーカー文庫)

継母の連れ子が元カノだった7

 

 

第3巻が発売されたMF文庫J刊『神は遊戯に飢えている。』が熱かった部門を、「総合部門」でも選出された『千歳くんはラムネ瓶のなか』が感動した部門を、第7巻が発売されたGCノベルズ刊『嘆きの亡霊は引退したい』が笑った部門を、こちらも「総合部門」で選出された『継母の連れ子が元カノだった』が萌えた部門で選出されました。『千歳くんはラムネ瓶のなか』には「今まで読んだラノベ史上一番感動しました(世凪)」や「めちゃ感動しました、、! 優空の気持ちと夕湖の気持ちの変化、それに対するみんなの対応や朔の少しふざけた感じも含めて、感動とのギャップがありました、!最後、、めちゃ感動したので続きが楽しみです!!(Reメイク)」などの感想が寄せられました。『嘆きの亡霊は引退したい』には「勘違いコメディファンタジー作品なのですが、とにかく読んでいて笑えます。ここまで笑えるライトノベルは初めてでした笑(てって)」などの感想が寄せられました。続いては新作です。

 

 

2021年8月刊

新作総合部門

 

英国カノジョは“らぶゆー”じゃなくてスキと言いたい(ファンタジア文庫)

英国カノジョは“らぶゆー”じゃなくてスキと言いたい

 

 

君のせいで今日も死ねない。(ファンタジア文庫)

君のせいで今日も死ねない。

 

 

神は遊戯に飢えている。(MF文庫J)

神は遊戯に飢えている。3

 

 

2021年の新作総合部門では全得票数の中から部門を問わず、得票数の多かった2021年刊行の新作(シリーズ化も含)が選出されており、新シリーズとして発売されたファンタジア文庫刊『英国カノジョは“らぶゆー”じゃなくてスキと言いたい』、こちらも新シリーズとして発売されたファンタジア文庫刊『君のせいで今日も死ねない。』、「熱かった部門」でも選出された『神は遊戯に飢えている。』が選出されました。『英国カノジョは“らぶゆー”じゃなくてスキと言いたい』には「ハーフなのに全く英語が話せないという、聖女キャラの概念を覆した作品。主人公が好きなのがヒロインのステラではないというのも斬新。Web版から設定変更した上でストーリーラインはそのままなので、話の構成に若干粗が目立つが今後の期待値が高い(ロッチ619)」や「ヒロインが可愛すぎる……見た目とのギャップに萌え萌え。コミカルな掛け合いも面白かったですね(youhei.S)」などの感想が寄せられました。

 

 

2021年8月刊

新作部門

 

英国カノジョは“らぶゆー”じゃなくてスキと言いたい(ファンタジア文庫)

英国カノジョは“らぶゆー”じゃなくてスキと言いたい

 

 

君のせいで今日も死ねない。(ファンタジア文庫)

君のせいで今日も死ねない。

 

 

また殺されてしまったのですね、探偵様(MF文庫J)

また殺されてしまったのですね、探偵様

 

 

新作部門は面白かった新作に投票された作品より選出されています。「新作総合部門」でも選出された『英国カノジョは“らぶゆー”じゃなくてスキと言いたい』、こちらも「新作総合部門」で選出された『君のせいで今日も死ねない。』、MF文庫J刊『また殺されてしまったのですね、探偵様』が選出されました。『君のせいで今日も死ねない。』には「読み終わった後は、思わずため息が出ました。もちろんいい意味で。A君の三峰に生きて欲しいっていう祈りを約束という形でつなげていくのが凄くよかったです(アナスタシア)」などの感想が寄せられました。

 

 

有効票数は193票。2021年8月刊作品では以上の結果となりました。選出作品は2021年のノミネート作品となるとともに、今後のさらなる飛躍が楽しみな作品と言っても過言ではありません。ライトノベルはどの作品を読んだらいいかわからない、「今」面白いと言われている作品を読んでみたい、そんな方々はぜひ選出作品を読んでみましょう。

 

また、残念ながらノミネートは叶わずとも複数の投票者から注目を集めていた作品として、新作部門ではHJ庫刊『ねぇ、もういっそつき合っちゃう? 幼馴染の美少女に頼まれて、カモフラ彼氏はじめました』、笑った部門では第2巻が発売されたHJ文庫刊『いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。』、萌えた部門では第3巻が発売されたファンタジア文庫刊『両親の借金を肩代わりしてもらう条件は日本一可愛い女子高生と一緒に暮らすことでした。』などが惜しい結果でした。

 

2021年内の飛躍が期待されるラノベニュースオンラインアワード2021年9月刊を対象とした投票アンケートは2021年10月上旬より開催を予定しています。発売されたばかりの旬なライトノベルを盛り上げるため、2021年の9月刊であなたが読み、そしてオススメしたい作品にぜひ投票してみてください。

 

継母の連れ子が元カノだった7 もう少しだけこのままで (角川スニーカー文庫)
千歳くんはラムネ瓶のなか (6) (ガガガ文庫 ひ 5-6)
プロペラオペラ (5) (ガガガ文庫 い 2-33)
神は遊戯に飢えている。3 (MF文庫J)
嘆きの亡霊は引退したい~最弱ハンターによる最強パーティ育成術~ 7 (GCノベルズ)
英国カノジョは“らぶゆー”じゃなくてスキと言いたい (ファンタジア文庫)
君のせいで今日も死ねない。 (ファンタジア文庫)
また殺されてしまったのですね、探偵様 (MF文庫J)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ