『常敗将軍、また敗れる』の完全新作続編が「ノベルアップ+」公式コンテンツとして公開

HJ文庫刊『常敗将軍、また敗れる』の完全新作続編が、小説投稿サイト「ノベルアップ+」の公式コンテンツとして公開を開始した。本作は第11回HJ文庫大賞「大賞」受賞作で、戦乱の国々を常に敗北しながら渡り歩いてきた将軍が織り成す、常敗にして無敵の圧倒的ファンタジー戦記シリーズ。原作小説は現在第3巻まで発売されている。書き下ろしの長編は2021年12月1日に発売されるコミックス第4巻の発売を記念したもので、12月24日まで毎週月曜日と金曜日に全10回での連載が予定されている。

 

 

常敗将軍、また敗れる

 

 

【第1巻あらすじ】

「貴様はこれまで父ローディアスと二度、長兄シャルクとは一度戦っているはず。そして、どの戦にも負けた」「しかし、まだ生きている」ティナの声が少し弾んだ。世界最強の「ヴァサームントの騎士団」当主の娘、ティナは初陣にて『常敗将軍』と渾名される異端の英雄、ドゥ・ダーカスと出会った。陰謀に満ちた戦乱の世界で破格の生き様を見せる英雄ダーカスと、その姿を追いかけるティナや姫将軍・シャルナら魅力的なキャラクター達が織り成す一大ファンタジー戦記!

 

 

⇒ 『常敗将軍、また敗れる』完全新作続編はこちら

 

2018年から実施されているコミカライズも「コミックファイア」にて連載されている。続編となる新作長編がスタートしたこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『常敗将軍、また敗れる』は、HJ文庫より第3巻まで発売中。

 

北条新九郎先生インタビュー:物語は約束された敗北に向かって進んでいくことになる

 

 

©北条新九郎/ホビージャパン イラスト:伊藤宗一

kiji

[関連サイト]

『常敗将軍、また敗れる』特設サイト

HJ文庫公式サイト

 

常敗将軍、また敗れる 3 (HJ文庫)
常敗将軍、また敗れる (HJ文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ