『一瞬で治療していたのに役立たずと追放された天才治癒師、闇ヒーラーとして楽しく生きる』のコミカライズ連載が開始

GAノベル刊『一瞬で治療していたのに役立たずと追放された天才治癒師、闇ヒーラーとして楽しく生きる』のコミカライズ連載が、「GAコミック」より「ピッコマ」にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、仲間のために貢献し続けていたにも関わらず理不尽な理由でパーティから追放された天才治癒師が、重傷だったエルフの奴隷少女への治癒をきっかけに、ノーライセンスで治癒院を開業して始まる闇ヒーラーファンタジー。コミカライズの作画は十乃壱天氏が担当しており、第2-1話までが無料公開(待てば無料含)されているほか、2-2話はコイン消費で読むことができる。闇営業から始まる凄腕治癒師の物語がコミックでもスタートした。

 

 

一瞬で治療していたのに役立たずと追放された天才治癒師、闇ヒーラーとして楽しく生きる

 

 

【原作小説あらすじ】

「お前、最近何もやってないよな。ぶっちゃけもういらないんだ」 仲間のため必死に腕を磨き、パーティメンバーが少しでも傷つけば一瞬で治療、さらには皆が傷を負いにくいように防護魔法や能力強化魔法まで併用していた天才治癒師ゼノス。だが、その貢献を認めない仲間たちにより、彼は理不尽にパーティから追放された。失意のゼノスは街中で大怪我をしたエルフの奴隷少女リリと出会い、その命を助けるが――「私、生きてる……? 絶対死んだと思ったのに」「ははは、これくらいはかすり傷だろ」「……すごいっ」 その出会いをきっかけに、ライセンスを持たない闇ヒーラーとして治療院をひらくことになったゼノス。弱きを助け、強き者からは大金をせしめる凄腕治癒師の噂は口コミで広がり、いつしか王宮にまで届くようになっていく! 一方、ゼノスが抜けたパーティは、優秀な治癒師が抜けたことで、満身創痍の状態にあった。でも、今さら戻ってこいと言われても、気にいらない相手からは高額の治療費を受け取るようにしたので……おたくら払えますか?

 

 

⇒ コミカライズ版『一瞬で治療していたのに役立たずと追放された天才治癒師、闇ヒーラーとして楽しく生きる』はこちら

 

コミカライズの更新は毎週土曜日に行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『一瞬で治療していたのに役立たずと追放された天才治癒師、闇ヒーラーとして楽しく生きる』は、GAノベルより第1巻が発売中。最新2巻も2022年2月15日発売。

 

 

©菱川さかく/ SB Creative Corp. イラスト:だぶ竜

kiji

[関連サイト]

GAノベル公式サイト

 

一瞬で治療していたのに役立たずと追放された天才治癒師、闇ヒーラーとして楽しく生きる2 (GAノベル)
一瞬で治療していたのに役立たずと追放された天才治癒師、闇ヒーラーとして楽しく生きる (GAノベル)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ