『竜王様の最強国家戦略 ~竜姫を従えた元王子はスキル【竜王】の力で反旗を翻す~』のコミカライズ連載がコンプティーク4月号より開始

MFブックス刊『竜王様の最強国家戦略 ~竜姫を従えた元王子はスキル【竜王】の力で反旗を翻す~』のコミカライズ連載が、2022年3月10日発売の「コンプティーク4月号」よりスタートした。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、生まれ持ったスキル【竜王】の用途不明を理由に国を追放された王子が、”竜の魔女”と出会ってはじまる建国ファンタジー。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画は藤本キシノ氏が担当しており、第1話「ドラグレイクの砂礫と魔女」が掲載された。規格外な竜姫を従える竜王の建国譚が早くもコミックでスタートした。

 

 

竜王様の最強国家戦略 ~竜姫を従えた元王子はスキル【竜王】の力で反旗を翻す~

 

 

【原作小説あらすじ】

クロンダイグ王国の王子アドニスは生まれ持ったスキル【竜王】の使い方が分からず、ついに王国から追放されてしまう。しかし辺境の地で出会った“竜の魔女”により教えられたその真の力は、7人の竜姫を召喚できるというものだった。水を司る水竜、植物を司る木竜ら、人間離れした圧倒的な力を持つ竜姫たちの力を借り、アドニスは規格外の建国を開始する!母国ではそんなアドニスに対して討伐命令が下されるが、それを迎え撃つ新生竜王国は戦力においても並外れていた。その名はやがて世界に知れ渡ることになる。しかし、そのあまりに規格外の力を持つ者はこの世界に竜王一人だけなのか――? アドニスが王都から離れたあと、伝説とされていた魔物の目撃情報が急増。時を同じくして、遥か海の彼方、おとぎ話に出てくる“帝国”の噂がささやかれ始める。果たしてそれは偶然か、それとも――? 7人の竜姫を従えた竜王の伝説が、いま始まる!

 

 

コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『竜王様の最強国家戦略 ~竜姫を従えた元王子はスキル【竜王】の力で反旗を翻す~』は、MFブックスより第1巻が発売中。

 

 

©虎戸リア/KADOKAWA MFブックス刊 イラスト:Noy

kiji

[関連サイト]

MFブックス公式サイト

 

コンプティーク 2022年4月号
竜王様の最強国家戦略 ~竜姫を従えた元王子はスキル【竜王】の力で反旗を翻す~1 (MFブックス)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ