アニメ『異修羅』メインキャスト第3弾解禁 警めのタレン役を朴璐美さん、鵲のダカイ役を保志総一朗さん

電撃の新文芸発のアニメ『異修羅』より、メインキャスト第3弾が解禁された。本作はありとあらゆる種族、能力の頂点を極めた修羅達が、「全員が最強、全員が英雄」の中で“本物の勇者”という栄光を求め、死闘を繰り広げるバトルファンタジー。新たなキャストとして、警めのタレン役を朴璐美さん、鵲のダカイ役を保志総一朗さんが演じることが明らかとなり、キャラクタービジュアル&ボイス、さらにキャストコメントも到着した。

 

 

異修羅 ティザービジュアル

 

 

【イントロダクション】

地平のすべてを恐怖させた魔王が打ち倒され、破滅に怯える必要がなくなった時代。未来に夢を見ることができるようになった今、少女は理不尽な暴力の渦中にいた。素晴らしかった景色はもはやなく、都市も、草花も、全てが燃えている。生きながら解体されていく親友の苦悶の断末魔を聞きながら、少女は逃げ出した。親しい誰かが死にゆくとき、自分が無力でいること以上の絶望があるだろうか。しかし、少女の前にふらりと現れた一人の剣士が、絶望を、抗うことのできなかった理不尽を、たった一振りのなまくらで、いともたやすく斬り伏せてしまった。「――柳生宗次朗。このオレが、地球最後の柳生だ」 この世界には、あらゆる“力”の頂点を極め、「最強」の名を戴く者たちがいる。剣士もまた地平に蠢く無数の、“修羅”の一人。魔王亡きこの世界で、なおも闘争を求める、その一人目に過ぎない。――そうか、私はこの男が、“強者”が許せないんだ。幾度も命を救われたにも関わらず、少女に芽生えた見当違いな感情。しかし、すべてを失った少女には自分自身を支えていく理由が必要だった。――この男を殺す。この世界には、それができる“強者”がいる。理不尽な“強者”たちへの憎悪を支えに、少女は剣士と共に歩き出す。「最強」を殺す旅路は、そうして始まりを告げた。

 

 

【キャスト】

柳の剣のソウジロウ: 梶裕貴

遠い鉤爪のユノ: 上田麗奈

星馳せアルス: 福山潤

静寂のハルゲント: 大塚明夫

警めのタレン: 朴璐美

鵲のダカイ: 保志総一朗

 

 

■新キャラクター情報&キャストコメント


警めのタレン(CV:朴璐美)

タレン

リチア新公国を治める魔王自称者。元黄都二十九官の第二十三将であり、“本物の魔王”の死と同時に自身の領地を独立させ、黄都に反旗を翻した。黄都との戦争に備え、強力な駒を集めている。

 

朴璐美さんよりコメント

『異修羅』というタイトル。「警めのタレン」という役名。そこからして想像力を掻き立てられ、ゾクゾクとくるものがありました。そして独眼竜の彼女のヴィジュアルを見た時、奮い立つものを感じました。彼女の覚悟としっかり向き合いたい。そう、思いました。正義とは…見届けて頂きたいです。

 


鵲のダカイ(CV:保志総一朗)

ダカイ

タレンの右腕であり、人懐っこく飄々とした印象を与える異世界人。あらゆる攻撃に対し、相手の攻撃に絶対に先手を打つ「ラズコートの罰の魔剣」を持つ。怪物的な身体能力と、異常なまでの洞察力を併せ持つ。

 

保志総一朗さんよりコメント

この作品への出演が決まった時、この『異修羅』という世界を知った時、何とも言えないゾクッとした感覚がありました。すでにこの世界に入り込んだ感覚というか、待ち受けているものに対する危機感というか…不思議な感覚を。そして鵲のダカイという新たな出会いに感謝しています。早く…魅せたいです。楽しみにしていてください。

 


 

 

TVアニメ化が決定した『異修羅』は、電撃の新文芸より第7巻まで発売中。

 

 

©2023 珪素/KADOKAWA/異修羅製作委員会

kiji

[関連サイト]

TVアニメ『異修羅』公式サイト

TVアニメ『異修羅』公式Twitter

『異修羅』原作特設サイト

電撃の新文芸公式サイト

 

異修羅VII 決凍終極点 (電撃の新文芸)
異修羅I 新魔王戦争 (電撃の新文芸)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ