このライトノベルがすごい!2024:『死亡遊戯で飯を食う。』総合新作部門1位に輝く MF文庫JがKADOKAWAライトノベルレーベル2022年売上No.1に

「このライトノベルがすごい!2024」(宝島社刊)にて、MF文庫J刊『死亡遊戯で飯を食う。』が、総合新作部門で1位、文庫部門で2位を獲得した。MF文庫Jのタイトルが「このライトノベルがすごい!」の部門1位を獲得するのは、昨年の『ようこそ実力至上主義の教室へ』(文庫部門1位)、一昨年の『佐々木とピーちゃん』(単行本・ノベルズ部門1位)に続いて3年連続となる。

 

 

死亡遊戯で飯を食う。

 

 

【あらすじ】

目を覚ますと、私は見知らぬ洋館にいた。メイド服を着せられて、豪華なベッドに寝かされていた。寝室を出て、廊下を歩いた。食堂の扉を開けると、そこには五人の人間がいた。みな一様に、私と同じくメイド服を着せられていて、少女だった。〈ゲーム〉の始まりだった。吹き矢、丸鋸、密室に手錠、そして凶器の数々。人間をあの世にいざなうもので満ち満ちている、そこは〈ゴーストハウス〉。館に仕掛けられたトラップのすべてをくぐり抜けて脱出するしか、私たちの生き残る道はなかった。絶望的な現実に、少女たちは顔色を悪くする―― ――ただ一人、私だけを除いて。なぜかって? そりゃあ――私はこれが初めてじゃないから。プレイヤーネーム、幽鬼《ユウキ》。十七歳。自分で言うのもなんだけど、殺人ゲームのプロフェッショナル。メイド服を着て死の館から脱出を図ったり、バニーガール姿でほかのプレイヤーと殺し合ったり、そんなことをして得た賞金で生活している人間。どうかしてるとお思いですか?私もそう思います。だけど、そういう人間がこの世にはいるんですよ。おととい励まし合った仲間が、今日は敵になる。油断すれば後ろから刺され、万全を尽くしたとしても命を落とすことがある――そんな、死亡遊戯で飯を食う、少女が。

 

 

また、MF文庫J作品からは『ステラ・ステップ』が文庫部門6位&総合新作部門4位、『シャーロック+アカデミー』が総合新作部門10位、『探偵はもう、死んでいる。』が文庫部門10位にランクインした。

 

 

ステラ・ステップ

 

 

【あらすじ】

突如飛来した隕石により地上は荒廃。人々は新しい国家を建て、闘争や略奪を繰り返していた。国家間の戦争の手段として「暴力」と置き換えられたのが、少女たち「アイドル」だ。砂漠で覆われた「砂の国」に、国民からは崇められ、少女たちからは恐れられているアイドルがいる。技術を高めることだけに関心を持ち、感情はどこかに置いてきてしまったかのような少女・レイン。最強を誇る彼女の無敗記録はずっと続くはずだった。だが、感情豊かに歌う少女・ハナによってその記録は止められる。このハナとの出会いは、レインの胸にこれまで知らなかった感情を芽生えさせ――。色のない世界で生まれた、少女たちの愛と絆の物語。

 

 

シャーロック+アカデミー

 

 

【あらすじ】

増加する凶悪犯罪に対抗し、探偵という職業の必要性が飛躍的に高まった現代。日本で唯一「国家探偵資格」を取得できる超難関校・真理峰探偵学園に今年、とある少年と少女が入学する。一人はかつて〈犯罪王〉と称された男の孫・不実崎未咲。もう一人は〈探偵王〉の養女・詩亜・E・ヘーゼルダイン。宿敵同士の末裔二人が、ここに邂逅したのだ! そして始まる学園の日々。早速入学式から模擬事件が発生!? しかも、一番先に正解したはずの詩亜よりなぜか不実崎の方が点数が高くて──「私は──あなたに挑戦します!」「後悔すんなよ、お姫様」 これは、真実を競い合う新たな学園黙示録。最高峰の知的興奮がここにある!

 

 

探偵はもう、死んでいる。

 

 

【あらすじ】

俺・君塚君彦は、かつて名探偵の助手だった。「君、私の助手になってよ」 ――始まりは四年前、地上一万メートルの空の上。ハイジャックされた飛行機の中で、俺は天使のような探偵・シエスタの助手となった。それから――「助手が蜂の巣にされている間に私が敵の首を取る」 「おい名探偵、俺の死が前提のプランを立てるな」 俺たちは三年にもわたる目も眩むような冒険劇を繰り広げ――やがて死に別れた。一人生き残った俺は高校生になり、日常というぬるま湯に浸っている。……それでいいのかって?いいさ、誰に迷惑をかけるわけでもない。だってそうだろ? 探偵はもう、死んでいる。

 

 

そして、ライトノベルレーベルMF文庫Jは、2022年のKADOKAWAライトノベルレーベルにおいて売上No.1を記録。これを記念して、『死亡遊戯で飯を食う。』の主人公・幽鬼(CV:中島由貴)が登場する新TVCMも公開された。

 

 

MF文庫J

 

 

【『このラノ』新作1位&ライトノベルレーベルNo.1】『死亡遊戯で飯を食う。』×MF文庫J スペシャルCM

 

 

また、MF文庫J公式SNSアカウント(@MF_bunkoJ)にて、人気タイトルの豪華著者16名のサイン本が当たるハッシュタグキャンペーンも開催されているので、あわせて確認してもらいたい。

 

 

MF文庫J

 

MF文庫J

 

 

「このライトノベルがすごい!2024」で注目を集めた各作品をこの機会にぜひ読んでみよう。

 

 

©鵜飼有志/KADOKAWA MF文庫J刊 イラスト:ねこめたる

©林星悟/KADOKAWA MF文庫J刊 イラスト:餡こたく

©紙城境介/KADOKAWA MF文庫J刊 イラスト:しらび

©二語十/KADOKAWA MF文庫J刊 イラスト:うみぼうず

kiji

[関連サイト]

MF文庫J公式サイト

 

※このページにはアフィリエイトリンクが使用されています
死亡遊戯で飯を食う。 (MF文庫J)
ステラ・ステップ (MF文庫J)
シャーロック+アカデミー Logic.1 犯罪王の孫、名探偵を論破する (MF文庫J)
探偵はもう、死んでいる。 (MF文庫J)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ