「このライトノベルがすごい! 2019」ベスト20位内にランクインした9作品のインタビュー記事を振り返ろう

2018年11月24日に「このライトノベルがすごい!2019」が発売され、『錆喰いビスコ』の文庫部門ダブル1位や『本好きの下剋上』の単行本・ノベルス部門の2年連続1位などが発表され大きな盛り上がりを見せている。そして読者の多くが気にしているのはやはり上位にランクインした作品群だろう。ランキングの結果だけではなく、もう少し付随した情報を知りたい読者に向けた必見の特別企画。ラノベニュースオンラインで実施してきたインタビューの中から、「このライトノベルがすごい!2019」の各部門で上位にランクインした作品をピックアップで紹介する。文庫部門の【総合】【新作】、そして単行本・ノベルス部門より各20位内にランクインした作品のインタビュー記事をチェックして、気になる作品を手に取ってみよう。

文庫部門【総合】1位【新作】1位

錆喰いビスコ

「このライトノベルがすごい!2019」の本誌にもインタビューは掲載されているのだが、インタビューはそこだけではない。本記事は第2巻刊行時に実施したインタビューとなっている。本誌のインタビューとあわせて読むことで、作品の深みをより感じ取れるはずだ。ダブル1位の獲得には大きな拍手を送りたい。


文庫部門【総合】8位【新作】3位

三角の距離は限りないゼロ

文庫部門で【総合】【新作】ともにベスト10入りをした青春恋愛物語。先日発売されたばかりの第2巻刊行時に実施したインタビューとなっている。


文庫部門【総合】12位

月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)

昨年に引き続き文庫部門【総合】の上位にランクインしており根強い人気を獲得している。第3巻刊行時のインタビューとなっている。


文庫部門【総合】19位

この素晴らしい世界に祝福を!

多数のメディアミックス展開が行われており、多くの読者もタイトル名は知っているはず。新スピンオフ発売にあわせて実施したインタビューとなっている。また、公式外伝『あの愚か者にも脚光を!』第1巻刊行時には昼熊先生と暁なつめ先生の合同インタビューも実施した。


文庫部門【総合】20位【新作】6位

西野 ~学内カースト最下位にして異能世界最強の少年~

文庫部門【新作】で大きな脚光を浴びることになった本作。第3巻刊行時に実施したインタビューとなっている。イラストレーター・またのんき▼先生も登場している。


文庫部門【総合】34位【新作】10位

あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた

第13回MF文庫Jライトノベル新人賞「審査員特別賞」受賞作が文庫部門【新作】でベスト10入りを果たした。第3巻刊行時のインタビューとなっている。


文庫部門【総合】35位【新作】11位

《このラブコメがすごい!!》堂々の三位!

第12回小学館ライトノベル大賞「ガガガ賞」受賞作が文庫部門【新作】で惜しくもベスト10入りを逃しながら次点でランクインした。第1巻発売時に実施したインタビューとなっている。


文庫部門【総合】42位【新作】15位

ファイフステル・サーガ

『火の国、風の国物語』から約10年ぶりに一大ファンタジー戦記を手掛けた師走トオル先生の新シリーズが文庫部門【新作】で上位にランクインした。第2巻刊行時のインタビューとなっている。


単行本・ノベルス部門第5位

転生したらスライムだった件

3年連続で単行本・ノベルス部門でベスト10入りを果たしている本作。本作はコミカライズと交えた特集を7回に渡り実施しており、座談会形式のインタビューとなっている。


ラノベニュースオンラインでは気になる新シリーズや新人賞受賞作、そして大好評を博す人気シリーズまで様々なインタビュー記事を展開している。今回上位のランクインは逃したものの、今後の展開がますます気になる作品も数多くお話を聞いているので、あわせてチェックしてみよう。