『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』がシリーズ累計100万部を突破

ビーズログ文庫刊『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』がシリーズ累計100万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、乙女ゲームの悪役令嬢に転生してしまった主人公が、ゲームの展開にはない隣国の王太子に求婚されて始まる、甘やかされまくりな王道溺愛ラブストーリー。原作小説は現在第9巻まで発売されている。2017年からは「B’s-LOG COMIC」にてコミカライズの連載も行われており、小説と漫画の双方で注目を集め続ける人気作が100万部の大台を突破している。

 

 

悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される9

 

 

【第9巻あらすじ】

乙女ゲームの悪役令嬢に転生したものの、隣国の王子から求婚され、結婚→王妃へと順風満帆な愛され人生を送るティアラローズ。ある日実家が婿養子を迎えたため、帰省も兼ねて顔合わせに行くことに。長旅の疲れか体調を崩すティアラだったが、なんとお腹に新たな命が宿っていることが判明!! 喜ぶアクアスティードの過保護ぶりも止まらなくて…!?

 

 

また、2019年には第8巻の発売にあわせて購入者限定特典を含むオーディオドラマの配信も実施。主人公・ティアラローズ役を渕上舞さん、ティアラを一途に想う隣国の王太子・アクアスティード役を梅原裕一郎さんなどが演じていた。この機会に小説からでも漫画からでも本作をぜひ読んでみよう。シリーズ累計100万部を突破した『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』は、ビーズログ文庫より第9巻まで発売中。

 

 

©ぷにちゃん/KADOKAWA ビーズログ文庫刊 イラスト:成瀬あけの

kiji

[関連サイト]

『悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される』紹介ページ

ビーズログ文庫公式サイト

 

悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される 9 (ビーズログ文庫)
悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される (ビーズログ文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ