『転生貴族、鑑定スキルで成り上がる ~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~』のコミカライズ連載が先行開始

Kラノベブックス刊『転生貴族、鑑定スキルで成り上がる ~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~』のコミカライズ連載が、「マガジンポケット」にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、卓越した身体能力も圧倒的な魔法の力も持たない転生者の主人公が、「鑑定」という人の能力を測るスキルで隠れた逸材を発掘し、領地発展を目指す異世界統一記。原作小説は第1巻が7月2日に発売となる。コミカライズの作画は井上菜摘氏が担当しており、第1話「転生と鑑定」が無料で、そしてポイントを消費して読める第2話が公開された。弱小領地を受け継いだ主人公の異世界統一を目指す物語が一足早くコミックでスタートした。

 

 

転生貴族、鑑定スキルで成り上がる ~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~

 

 

【原作小説あらすじ】

アルス・ローベントは転生者だ。卓越した身体能力も、圧倒的な魔法の力も持たないアルスだが、「鑑定」という、人の能力を測るスキルを持っていた! ゆくゆくはローベント家の長男として家を継がねばならないアルスは、鑑定スキルを使い、有能な人物を出自に関わらず取りたてていく。「類い稀なる才能を感じたので、私の家臣になってほしい」 アルスが取りたてた有能な人材が活躍し、領地の発展という大志は燃え上がる――!

 

 

⇒ コミカライズ版『転生貴族、鑑定スキルで成り上がる』はこちら

 

次回の更新は今後の続報を楽しみに待ちたい。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者は発売される原作小説もぜひ読んでみよう。『転生貴族、鑑定スキルで成り上がる ~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~』第1巻は、Kラノベブックスより2020年7月2日発売。

 

©未来人A/講談社 イラスト:jimmy

kiji

[関連サイト]

Kラノベブックス公式サイト

 

転生貴族、鑑定スキルで成り上がる ~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~ (Kラノベブックス)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ