『大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ』のコミカライズ連載が開始

アルファポリス刊『大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ』のコミカライズ連載が、「アルファポリス公式WEB漫画」にて開始された。本作は小説投稿サイト「アルファポリス」発の作品で、大貴族家に生まれたものの落ちこぼれの烙印を押され追放された主人公が、魔境の森で第二の人生を歩み始め、植物魔法を駆使して最高の村づくりに勤しむスローライフファンタジー。原作小説は現在第3巻まで発売されている。コミカライズの作画は小田山るすけ氏が担当しており、第1話が32ページで公開された。大貴族家から追放された青年のセカンドライフがコミックでもスタートした。

 

 

大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ

 

 

【原作小説あらすじ】

大貴族家に生まれたが、魔法適性が「植物」だったせいで落ちこぼれの烙印を押され家を追放された青年、アシュト。彼は父の計らいにより、魔境の森、オーベルシュタインの領主として第二の人生を歩み始めた。しかし、ひょんなことから希少種族のハイエルフ、エルミナと一緒に生活することに。その後も何故か次々とレア種族が集まる上に、アシュトは伝説の竜から絶大な魔力を与えられ――!? 一気に大魔法師へ成長したアシュトは、植物魔法を駆使して最高の村を作ることを決意する!

 

 

⇒ コミカライズ版『大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ』はこちら

 

次回の更新は2020年9月1日(火)が予定されており、毎月第1火曜日に更新が行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ』は、アルファポリスより第3巻まで発売中。

 

 

©さとう/アルファポリス イラスト:Yoshimo

kiji

[関連サイト]

アルファポリス公式サイト

 

大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ (3)
大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ