『レベル596の鍛冶見習い』のコミカライズ連載が開始 超高レベル鍛冶士による無自覚チート冒険ファンタジー

アルファポリス刊『レベル596の鍛冶見習い』のコミカライズ連載が、「アルファポリス公式WEB漫画」にて開始された。本作は第12回アルファポリスファンタジー小説大賞「大賞」受賞作で、鍛冶士を夢見る少年が、希少素材を集めるためにさまざま魔獣と戦い、気が付くと国の英雄すら超える超高レベルになっていた無自覚チートファンタジー。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画は雨理ユウ氏が担当しており、第1話「レベル596?」が45ページで公開された。子犬系少年鍛冶士の規格外ぶりが次々に判明していく冒険ファンタジーコミックでもスタートした。

 

 

レベル596の鍛冶見習い

 

 

【原作小説あらすじ】

犬の獣人ノアは、凄腕鍛冶士を父に持ち、自身も鍛冶士を夢見る少年。しかし父ノマドは、母の死を境に酒浸りになってしまう。そんなノマドに代わって日々の食事を賄うため、幼いノアは自力で素材を集めて農具を打ち、ご近所さんとの物々交換に励むようになっていった。数年後、久しぶりにノアの鍛冶を見たノマドは、並べられた素材を見て仰天。マグマ石に火竜のウロコ……どれも激レア素材だったのだ! 慌てて馴染みの冒険者にノアを鑑定してもらうと、そのレベルは596! ノマドはおろか、国の英雄すら超えていた! ノア曰く、希少素材は魔獣と戦って採取しているという。それを毎日繰り返すうちに、超高レベルになっていたのだった。そして、家族隣人はもちろん、火竜の女王にも好かれるノアの、さらなる規格外ぶりが次々に判明していく――! 子犬系少年鍛冶士の無自覚チートファンタジー、開幕!

 

 

⇒ コミカライズ版『レベル596の鍛冶見習い』はこちら

 

次回の更新は2020年9月4日(金)が予定されており、毎月第1金曜日に更新が行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『レベル596の鍛冶見習い』は、アルファポリスより第1巻が発売中。

 

 

©寺尾友希/アルファポリス イラスト:うおのめうろこ

kiji

[関連サイト]

アルファポリス公式サイト

 

レベル596の鍛冶見習い

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ