『転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?』のコミカライズ連載が開始

MF文庫J刊『転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?』のコミカライズ連載が、「少年エースplus」にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、5年もの監禁状態から逃げ出し異世界へと転生することになった主人公が、新たな世界で幸せな人生を送ろうとする中、前世の妹も同じ異世界へと転生していることを知って始まる異世界ホラーを描く。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画はユリシロ氏が担当しており、第1話「兄妹転生」がカラー含む80ページで公開された。次元を超えて繰り広げられる兄と妹の恐怖の物語がコミックでもスタートした。

 

 

転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?

 

 

【原作小説あらすじ】

高校卒業から5年間、妹に監禁されていた俺は、やっとの思いで逃げ出した矢先にトラックに轢かれ、異世界に転生。悪魔のごとき妹からようやく解放された……。新しい、自由な世界での名はジャック。貴族の一人息子として、愛に溢れた両親と優しいメイドのアネリに囲まれ、幸せに満ちた、新たな人生が始まった――はずだった。そう、一緒に死んだ妹も、この世界に転生しているのだ。名前も容姿も変えたあいつが、どこに潜んでいるかはわからない。だが、今の俺には神様にもらった、世界最強クラスの力がある。この能力であいつを退け、俺は今度こそ、俺の幸せと、周りの人たちを守ってみせる――!

 

 

⇒ コミカライズ版『転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?』はこちら

 

次回の更新は今後の続報を楽しみに待ちたい。本作はラノベニュースオンラインアワード2020年3月刊のアンケート結果にて「新作部門」で選出されるなど注目を集めていた。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?』は、MF文庫Jより第1巻が発売中。

 

 

©紙城境介/KADOKAWA MF文庫J刊 イラスト:木鈴カケル

kiji

[関連サイト]

MF文庫J公式サイト

 

転生ごときで逃げられるとでも、兄さん? (MF文庫J)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ