『異世界最強の大魔王、転生し冒険者になる』のコミカライズ連載が開始

電撃の新文芸刊『異世界最強の大魔王、転生し冒険者になる』のコミカライズ連載が、「ComicWalker」にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、神に見捨てられた魔族を救った最強の大魔王が、戦いから千年後の世界に人として転生し、新たな世界を楽しみ尽くす冒険譚を描く。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画はオギノサトシ氏が担当しており、第1話前編が19ページで公開された。転生魔王によるやりすぎ冒険者ライフがコミックでもスタートした。

 

 

異世界最強の大魔王、転生し冒険者になる

 

 

【原作小説あらすじ】

神と戦い、神に見捨てられた人々を救い出した最強の大魔王ルシル。戦いから千年後、ただの人に転生した彼は世界を楽しみ尽くすため、旅に出るのだが――「一度魔術を使うだけで魔力が倍増した、これが人の成長か」 そう、ルシルは知らない。眷属が用意した肉体には数万人の技・経験・知識が刻まれ、前世よりも遥かに強くなる可能性が秘められていることを。千年間、そして今も、魔王を敬い愛してやまない眷属たちがただひたすら彼のために暗躍していることを。潰れかけの酒場〈きつね亭〉を建て直すために、看板娘のキーアとダンジョン探索、お店経営を共に始めるところから世界は動き出す―――。転生魔王による、冒険を、料理を、恋愛を、異世界の全てを《楽しみ尽くす》最強冒険者ライフが始まる!

 

 

⇒ コミカライズ版『異世界最強の大魔王、転生し冒険者になる』はこちら

 

次回の更新は2020年10月24日(土)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『異世界最強の大魔王、転生し冒険者になる』は、電撃の新文芸より第1巻が発売中。最新2巻も2020年10月17日発売。

 

 

©月夜涙/KADOKAWA 電撃の新文芸 イラスト:ヨシモト

kiji

[関連サイト]

電撃の新文芸公式サイト

 

異世界最強の大魔王、転生し冒険者になる2
異世界最強の大魔王、転生し冒険者になる (電撃の新文芸)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ