『異世界で妹天使となにかする。』のコミカライズ連載が開始 「兄に寄生すること」を掲げるぐーたら妹との異世界スローライフ

TOブックス刊『異世界で妹天使となにかする。』のコミカライズ連載が、「comicコロナ」にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、宿屋の長男に転生した主人公と、主人公と共に転生させられたサポート役である元天使の妹が、異世界で新たな日々を歩み始める……はずが、妹の行動が少しずつおかしくなり、ついには「兄に寄生すること」を掲げるに至る異世界スローライフを描く。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画は示よう子氏が担当しており、第1話が18ページで公開された。充実の異世界ライフを目指す兄とぐーたらな妹によるほのぼのスローライフファンタジーがコミックでもスタートした。

 

 

異世界で妹天使となにかする。

 

 

【原作小説あらすじ】

その営業マンの第二の人生は「充実の異世界転生ライフ」のはずだった。彼は宿屋の長男・マルクに転生し、サポート役の元天使・ニコラと共に双子の兄妹として新たな日々を歩み始める。更地を畑や公園にしたり、魔法使いの冒険者と出会ったり。だが、最初こそ意気揚々と魔法指導をしてくれたニコラがおかしい。徐々に飽きるどころか、家でお気に入りのぬいぐるみとゴロゴロしてばかり。俊敏な動きを見せるのは母親と妖艶な冒険者に抱きつくときだけで、終いには当然のように言い放つ――「お兄ちゃんが私を養ってくれるのでは?」 そう、彼女の第一目標は“お兄ちゃんに寄生すること”だった! 外面完璧! 中身残念! お仕事は最低限!? ぐーたら妹天使と織りなす兄妹スローライフ!

 

 

⇒ コミカライズ版『異世界で妹天使となにかする。』はこちら

 

次回の更新は今後の続報を楽しみに待ちたい。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『異世界で妹天使となにかする。』は、TOブックスより第1巻が発売中。

 

 

©深見おしお/TOブックス イラスト:福きつね

kiji

[関連サイト]

TOブックス公式サイト

 

異世界で妹天使となにかする。

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ