『狼と香辛料』がシリーズ累計500万部を突破 新作VRアニメ『狼と香辛料VR2』のリリースも予定

電撃文庫刊『狼と香辛料』がシリーズ累計500万部を突破した。本作は第12回電撃小説大賞「銀賞」受賞作で、馬車で各地を巡り数々の物品を取引する行商人ロレンスと、狼の耳と尻尾を有した少女・ホロの旅路を描いた新感覚ファンタジー。原作小説は現在第22巻まで発売されている。2006年より脈々と続いているシリーズであり、2019年にはVRアニメ『狼と香辛料VR』が展開。さらに新作となる『狼と香辛料VR2』のリリースも予定されている。小説シリーズでは本編におけるSpring Logシリーズと、ホロとロレンスの娘であるミューリを描いた物語『新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙』が展開されており、2021年にはシリーズ刊行15周年を迎えることになる。

 

 

狼と香辛料XXII Spring LogV

 

 

【第22巻あらすじ】

湯屋をセリムたちに任せ、再び旅に出た元行商人ロレンスと賢狼ホロ。道中、小銭両替のため訪れたヴァラン司教領で、懐かしき人物――エルサとの再会が二人を待っていた。司祭となったエルサは、教会の財産整理のため司教領に赴いたという。そして両替の見返りとして、一度踏み入れば生きては帰れない、呪われた山の調査をロレンスに頼む。そこには“錬金術師と堕天使”の秘密が隠されていて――!? さらに、借金地獄に陥った町をロレンスが商人の勘で救う、経済ファンタジーの面白さが詰まった中編に加え、ホロたちの娘ミューリと、聖職者志望の青年コルの結婚式(!?)の書きおろし中編を収録。幸せであり続ける物語、第5弾!

 

 

2008年と2009年にはTVアニメ化。経済を題材としつつ人気を博しているファンタジーシリーズとして、オススメしたいライトノベルとしてはもはや鉄板とも呼べるタイトルのひとつとなっている。シリーズ累計500万部を突破したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『狼と香辛料』は、電撃文庫より第22巻まで発売中。『新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙』も第5巻まで発売中。

 

 

 

 

©支倉凍砂/KADOKAWA 電撃文庫刊 イラスト:文倉十

kiji

[関連サイト]

『狼と香辛料VR』公式サイト

TVアニメ『狼と香辛料』公式サイト

狼と香辛料&支倉凍砂10周年公式サイト

電撃文庫公式サイト

 

狼と香辛料XXII Spring LogV (電撃文庫)
新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙V (電撃文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ