『異世界征服記~不遇種族たちの最強国家~』のコミカライズ連載が開始

ブレイブ文庫刊『異世界征服記~不遇種族たちの最強国家~』のコミカライズ連載が、「COMICアーク」にて開始された。本作は弱小種族だけを配下にするという縛りプレイで遊んでいたVRRPGゲームの世界に転移した主人公が、ゲームで築き上げた国家を再び作り上げるために奮闘する異世界征服記を描く。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画は結希シュシュ氏が担当しており、第1話から第3話までの単話配信が行われている。世界征服をやり直す異世界転移ファンタジーがコミックでもスタートした。

 

 

異世界征服記~不遇種族たちの最強国家~

 

 

【原作小説あらすじ】

知る人ぞ知る一人プレイ用VRRPG『マジック&ソード』で、弱小と呼ばれる七種族だけを配下にするという縛りで遊んでいたプレイヤー・ペペロン。ある日、彼は目が覚めるとそのゲームの中に転移してしまっていた。しかも、転移した際に、せっかく苦労して作った国をほぼすべて失っていた。残されたのは高いステータスを誇る自分の体と、力を注いで育成した六人の部下だけ。かつて築き上げた国家『グロリアセプテム』を再び作るため、ペペロンは再び異世界を征服し始める!

 

 

⇒ コミカライズ版『異世界征服記』はこちら

 

コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『異世界征服記~不遇種族たちの最強国家~』は、ブレイブ文庫より第1巻が発売中。

 

 

©未来人A/HIFUMI SHOBO イラスト:ゆずしお

kiji

[関連サイト]

ブレイブ文庫公式サイト

 

異世界征服記 ~不遇種族たちの最強国家~1 (ブレイブ文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ