『プロペラオペラ』第1巻&第2巻の全ページが1月26日(火)まで期間限定無料公開

ガガガ文庫刊『プロペラオペラ』の第1巻&第2巻の全ページが、2021年1月26日(火)まで期間限定で無料公開されている。本作は『とある飛空士』シリーズなどを手掛ける犬村小六氏の作品で、巨大な飛行戦艦が世界を制する時代、かつて皇籍を剥奪されて敵国に逃亡していた主人公が、飛行戦艦の艦長を勤める幼なじみと再会して始まる空戦ファンタジー戦記を描く。原作小説は現在第3巻まで発売されている。第3巻発売以降にはPVも公開されており、最新刊に迫る直前まで無料で読むことができる。

 

 

プロペラオペラ

 

 

【第1巻あらすじ】

極東の島国・日之雄。その皇家第一王女イザヤ18歳。彼女は、重雷装飛行駆逐艦「井吹」の艦長である。もちろん乗組員全員彼女の大ファン! そんな「井吹」に突然部下として乗り込んできたのは、主人公クロト。皇族傍系黒之家の息子クロトはイザヤとは幼なじみだったが、ある日、彼女に対し最っ低の事件を起こして皇籍剥奪、敵国ガメリア合衆国へと逃亡したのであった。お前、どの面下げて!?しかしクロトは言い切る、「俺はガメリアを牛耳る怪物から日之雄を守りに帰ってきた!」犬村小六の「恋と空戦のファンタジー」堂々開幕!!

 

 

⇒ 第1巻&第2巻の期間限定無料公開はこちら

 

本作は「このライトノベルがすごい!2021」にて新作部門第6位、文庫部門第9位に選ばれるなど注目を集めていた。第1巻と第2巻を無料で読めるこの機会にぜひ本作に触れてみてもらいたい。『プロペラオペラ』は、ガガガ文庫より第3巻まで発売中。

 

 

 

 

©犬村小六雫綺一生/小学館「ガガガ文庫刊」

kiji

[関連サイト]

ガガガ文庫公式サイト

 

プロペラオペラ (3) (ガガガ文庫)
プロペラオペラ (ガガガ文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ