『剣と魔法の税金対策』のコミカライズ企画が進行中 勇者と魔王の偽装結婚から始まる税制ファンタジーコメディ

ガガガ文庫刊『剣と魔法の税金対策』のコミカライズ企画が進行している。本作は神への税金という奇妙な法則が存在する世界で、配下となることを引き換えに世界の半分という莫大な資産を手にした勇者が、超高額の贈与税から逃れるために、魔王と偽装結婚して始まる税制ファンタジーコメディを描く。原作小説は第1巻が1月19日に発売されたばかりで、コミカライズの作画は蒼井ひな太氏が担当することも決定している。勇者と魔王の税金対策コメディが早くも漫画化に向けて動き出している。

 

 

剣と魔法の税金対策

 

 

【あらすじ】

「我が配下となれば世界の半分をくれてやろう!」「え、マジ!? わかった!」 とある“奇妙な法則”が支配する世界。勇者と魔王が手を取り合いかけたとき、現れたのは「贈与税がかかります」絶対なる税金徴収者である天使。そう、この世界の“奇妙な法則”とは、神への“税金”であった。“世界の半分”という莫大な資産にかかる超高額の贈与税に焦った勇者は税金逃れのために魔王と偽装結婚をする! そんな二人を助けるのは『ゼイリシ』の少女? お人好し魔王と銭ゲバ女勇者の財産分与と偽装結婚からはじまる、異世界税制コメディ!

 

 

コミカライズの連載媒体や連載時期などの詳細は今後の続報を待ちたい。早くもコミカライズが決定したこの機会に、発売されたばかりの本作をぜひ読んでみよう。『剣と魔法の税金対策』は、ガガガ文庫より第1巻が発売中。

 

 

©SOW三弥カズトモ/小学館「ガガガ文庫刊」

kiji

[関連サイト]

ガガガ文庫公式サイト

 

剣と魔法の税金対策 (ガガガ文庫 そ 1-1)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ