『野生のJK柏野由紀子は、異世界で酒場を開く』のコミカライズ企画が進行中

電撃の新文芸刊『野生のJK柏野由紀子は、異世界で酒場を開く』のコミカライズ企画が進行している。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、友人からサバイバル能力の豊富さから「野生のJK」と呼ばれていた少女が異世界へと迷い込み、持ち前の狩猟知識や料理の腕で、大衆居酒屋「二ホン」を営むJK女将の奮闘記を描く。原作小説は第1巻が2月17日に発売されたばかりで、満員御礼の異世界酒場の物語が早くも漫画化に向けて動き出している。

 

 

野生のJK柏野由紀子は、異世界で酒場を開く

 

 

【あらすじ】

柏野由紀子は、友人たちから『野生のJK』というあだ名で呼ばれる少女。今は亡き猟師の祖父から様々な手ほどきを受け、毎日のように山に出入りし、サバイバル能力もお墨付き。そして、お酒が大好きだった祖父のために磨いた料理の腕も抜群。そんな彼女はひょんなことから異世界の森に迷い込んでしまう。しかし、持ち前の狩猟知識とタフさ、新たに獲得した不思議なスキルを使って自力で王都までたどり着き、そこで知り合った少女ララと共に大衆酒場『ニホン』を営むことに。由紀子自身が獲った新鮮な食材を調理した、日本の居酒屋おなじみのメニューは瞬く間に話題となり、隠れた名店へ。国一番の大商家のご隠居やら、繁華街周辺を取り仕切る親分までが常連客となり、由紀子はそんな有力者たちから一目を置かれる存在になる。美味しい料理があれば。愛嬌のある看板娘たちがいれば。当然、店には個性豊かな異世界の客たちが次々と押し寄せてきて、さらに不思議な縁がつながっていき……? JK女将・柏野由紀子が営む異世界酒場、本日も満員御礼!

 

 

コミカライズの作画担当者や連載媒体、連載時期については今後の続報を待ちたい。早くもコミカライズが決定したこの機会に、発売されたばかりの本作をぜひ読んでみよう。『野生のJK柏野由紀子は、異世界で酒場を開く』は、電撃の新文芸より第1巻が発売中。

 

 

©Y.A/KADOKAWA 電撃の新文芸刊 イラスト:すざく

kiji

[関連サイト]

電撃の新文芸公式サイト

 

野生のJK柏野由紀子は、異世界で酒場を開く (DENGEKI)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ