『かみがみ ~最も弱き反逆者~』のコミカライズ連載が開始 最弱の魔物・コボルトによる最強勇者への逆襲撃

サーガフォレスト刊『かみがみ ~最も弱き反逆者~』のコミカライズ連載が、「コミックぜにょん」にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、異世界より召喚された勇者によって集落も仲間も焼き払われたコボルトの狩人が、瀕死となりながらも勇者への復讐を叫び、その叫びに応えた女神と織り成す逆襲のダークファンタジー。原作小説は現在第3巻まで発売されている。コミカライズの作画は松林佑氏が担当しており、第1話が45ページで公開された。最強の勇者に挑む最弱の魔物の反逆譚がコミックでもスタートした。

 

 

かみがみ ~最も弱き反逆者~

 

 

【原作小説あらすじ】

「最も弱き魔物」コボルトの狩人シェートは、自らの住む集落を焼かれ、仲間を皆殺しにされる。それを為したのは異世界より召喚された、絶対無敵の鎧を纏った勇者、逸見浩二。自身も深手を負い、瀕死となった彼は、それでも自らの愛するものを奪った勇者に復讐を叫ぶ。その声に答えたのは、天界で廃神(すたれがみ)と嘲われる女神、サリアーシェ。世界を救う勇者に復讐を望んだ一匹の魔物と、それに答えた女神の物語。

 

 

⇒ コミカライズ版『かみがみ ~最も弱き反逆者~』はこちら

 

次回の更新は2021年6月11日(金)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『かみがみ ~最も弱き反逆者~』は、サーガフォレストより第3巻まで発売中。

 

 

©真上犬太/HIFUMI SHOBO イラスト:黒ドラ

kiji

[関連サイト]

サーガフォレスト公式サイト

 

かみがみ 〜最も弱き反逆者〜3 (サーガフォレスト)
かみがみ ~最も弱き反逆者~ (サーガフォレスト)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ