『最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます』がシリーズ累計100万部を突破

ガガガブックス刊『最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます』がシリーズ累計100万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、勇者と共に魔王を打倒し多大な報酬を得た竜騎士が、危険な仕事から身を引くことを考え、初級職の運び屋に転職して始まる元最強竜騎士によるトランスポーターファンタジー。原作小説は現在第6巻まで発売されている。2018年から「マンガワン」にてコミカライズの連載も行われており、2020年にはドラマCDも発売されている。小説と漫画、ドラマCDと複数のメディアを経て注目を集め続けている人気作が100万部の大台を突破した。

 

 

最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます6

 

 

【第6巻あらすじ】

古代種ウロボロスを倒したことで、精霊界にしばし滞在することになった最強の運び屋、アクセル。そんな彼に、精霊界の精霊ギルドマスターから依頼が来る。この都市を治める姫の命を助けてほしいと。そして、その為には『神の試練』を乗り越える必要があるらしい。精霊界の者にとっては、非常に困難なものである『神の試練』。しかし、アクセルは試練を軽々と乗り越えていく! 最強の運び屋、異なる世界でも頼られまくる! 元竜騎士の最強運び屋が駆け抜ける、トランスポーターファンタジー第6 弾!

 

 

ドラマCD 「星降る都市の旅立ち前日」では、アクセル・グランツ役を羽多野渉さん、バーゼリア・ハイドランティア役を芹澤優さんなどが演じていた。シリーズ累計100万部を突破したこの機会に小説からでも漫画からでもぜひ本作に触れてみてもらいたい。『最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます』は、ガガガブックスより第6巻まで発売中。

 

 

 

 

©あまうい白一泉彩/小学館「ガガガブックス」刊

kiji

[関連サイト]

ガガガブックス公式サイト

 

最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます (6) (ガガガブックス)
最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます (ガガガブックス)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ