『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 特別編集版』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』が金曜ロードショーにて放送決定

KAエスマ文庫発のアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の特別編集版が2021年10月29日(金)、映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』が2021年11月5日(金)に、日本テレビ系の「金曜ロードショー」にて放送されることが決定した。『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は第5回京都アニメーション大賞「大賞」受賞作で、幾多の戦場を武器として渡り歩いてきた少女が、手紙の代筆業「自動手記人形」の仕事をこなしながら、感情を持たない彼女が「あいしてる」の言葉の意味を知るまでの物語。TVアニメは2018年に放送、外伝は2019年に劇場公開されていた。特別編集版は監督を務める石立太一氏監修のもと、物語の序章にあたる第1話や第3話、第7話、第10話を中心に本作の魅力を凝縮。『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』は地上波初放送となる。アニメ公式サイトでは本作の放送決定にあわせて、石立太一氏のコメントも掲載された。

 

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

 

 

【イントロダクション】

想いを綴る、愛を知るために。感情を持たない一人の少女がいた。彼女の名は、ヴァイオレット・エヴァーガーデン。戦火の中で、大切な人から告げられた言葉の意味を探している。戦争が終わり、彼女が出会った仕事は誰かの想いを言葉にして届けること。――戦争で生き延びた、たった一人の兄弟への手紙――都会で働き始めた娘から故郷の両親への手紙――飾らないありのままの恋心をつづった手紙――去りゆく者から残される者への最期の手紙。手紙に込められたいくつもの想いは、ヴァイオレットの心に愛を刻んでいく。これは、感情を持たない一人の少女が愛を知るまでの物語。

 

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 特別編集版

放送日時: 2021年10月29日(金) 21:00~

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -

放送日時: 2021年11月5日(金) 21:00~

 

 

⇒ 放送の詳細はこちら

 

 

 

 

原作小説『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』シリーズは、KAエスマ文庫より『ヴァイオレット・エヴァーガーデン エバー・アフター』まで発売中。

 

 

©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

kiji

[関連サイト]

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』原作公式サイト

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式Twitter

KAエスマ文庫公式サイト

 

KAエスマ文庫 ヴァイオレット・エヴァーガーデン エバー・アフター
ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -[Blu-ray]

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ