『お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について』スペシャルボイスドラマが公開

スニーカー文庫刊『お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について』のスペシャルボイスドラマが公開されている。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、お見合いを避けるために無理難題なお見合い相手の条件をつきつけた主人公の前に、その無理難題をクリアしている同級生が現れ、嘘の婚約から距離を縮めていく甘々ラブコメを描く。原作小説は現在第2巻まで発売されている。スペシャルボイスドラマでは高瀬川由弦役を伊藤雄貴さん、雪城愛理沙役を貫井柚佳さんが演じており、遊園地デートのシチュエーションを視聴することができる。

 

 

お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について

 

 

【第1巻あらすじ】

お見合い話を持ってくる祖父に「金髪碧眼色白美少女なら考える」と、無理難題をつきつけた高校生・高瀬川由弦。数日後、お見合いの場にいたのは同級生の雪城愛理沙!? 由緒ある家に生まれたため、幾度となくお見合いを勧められうんざりしていた二人は、お互いのために、嘘の『婚約』を交わすことに。異性との交際経験がない二人は嘘を貫くため、愛理沙が手料理を振舞ったり、娯楽施設でデートをしたり、と初々しくもあまい時間を重ねていく。急速に二人の距離が縮まる中、家族から「二人の仲睦まじい写真が見たい」と言われ……!? 嘘の婚約から始まるピュアラブコメディ、開幕です。

 

 

“嘘の婚約”関係を結んでいる金髪翠眼美少女女子高生と遊園地デートをしてみた

 

 

2021年8月からは「ヤングエースUP」にてコミカライズの連載もスタートしているので、スペシャルボイスドラマとあわせて確認してもらいたい。『お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について』は、スニーカー文庫より第2巻まで発売中。

 

 

©桜木桜/KADOKAWA スニーカー文庫刊 イラスト:clear

kiji

[関連サイト]

『お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について』特設サイト

スニーカー文庫公式サイト

 

お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について2 (角川スニーカー文庫)
お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について (角川スニーカー文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ