『悪役令嬢と悪役令息が、出逢って恋に落ちたなら ~名無しの精霊と契約して追い出された令嬢は、今日も令息と競い合っているようです~』のコミカライズが決定

GAノベル刊『悪役令嬢と悪役令息が、出逢って恋に落ちたなら ~名無しの精霊と契約して追い出された令嬢は、今日も令息と競い合っているようです~』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、名門貴族に生まれながらも最弱精霊と契約してしまい婚約破棄を言い渡された悪役令嬢と、公爵令息として最上級精霊二体と契約し神童と呼ばれる悪役令息が出会って始まる恋愛ファンタジーを描く。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの連載は「GAコミック」にて行われることも決定しており、無能と蔑まれる悪役令嬢と天才と敬遠される悪役令息の不器用で温かい恋物語が早くも漫画化に向けて動き出している。

 

 

悪役令嬢と悪役令息が、出逢って恋に落ちたなら ~名無しの精霊と契約して追い出された令嬢は、今日も令息と競い合っているようです~

 

 

【あらすじ】

「ブリジット・メイデル。俺はお前との婚約を破棄させてもらう!」 名門貴族"炎の一族"の長子でありながら、"名無し"と呼ばれる最弱精霊と契約してしまった令嬢ブリジットはその日、第三王子ジョセフから婚約破棄を言い渡された。悲しみに暮れるブリジットだったが、最悪な出逢いながらも、これからの彼女の運命を変えてくれる一人の〝悪役〟令息と巡り合う。彼の名はユーリ・オーレアリス。水魔法を得意とする"水の一族"の公爵令息にして、最上級精霊二体と契約した前代未聞の神童だ。「馬鹿な女ほど可愛い」というジョセフのために、愚かな少女をわざと演じてきたブリジットだったが、ユーリとの出逢いをきっかけに本来の聡明さを取り戻し、幼い頃からの夢である"精霊博士"を目指していく。そして、ブリジットが契約した最弱精霊の正体にも、実はとある秘密があるらしく……?「ユーリ様って、なんというかものすごく悪役っぽいですわよね」「お前にだけは言われたくないが……つまりお前は、僕にシンパシーでも感じているのか? 迷惑だからやめてくれ」――これは性格も顔もキツめな悪役令嬢と悪役令息が惹かれ合い、やがて恋に落ちていく物語。

 

 

コミカライズの作画担当者や連載時期については今後の続報を待ちたい。早くもコミカライズが決定したこの機会に、発売されたばかりの本作をぜひ読んでみよう。『悪役令嬢と悪役令息が、出逢って恋に落ちたなら ~名無しの精霊と契約して追い出された令嬢は、今日も令息と競い合っているようです~』は、GAノベルより第1巻が発売中。

 

 

 

 

©榛名丼/ SB Creative Corp. イラスト:さらちよみ

kiji

[関連サイト]

GAノベル公式サイト

 

悪役令嬢と悪役令息が、出逢って恋に落ちたなら ~名無しの精霊と契約して追い出された令嬢は、今日も令息と競い合っているようです (GAノベル)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ