『パワー・アントワネット』のコミカライズ連載が開始 フランス革命を拳で塗り替える最強王妃の筋肉譚

GA文庫刊『パワー・アントワネット』のコミカライズ連載が、マンガアプリ「マンガUP!」にて開始された。本作は筋肉と書いてフランスと読むマリー・アントワネットが、処刑台を破壊し奪ったギロチンで革命軍に立ち向かう筋肉革命バトルシリーズ。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画は縞氏が担当しており、第1話「パリはキレているか」まで無料公開されているほか、先読みではその続きを読むことができる。フランス革命を拳で塗り替える最強王妃の筋肉譚がコミックでもスタートした。

 

 

パワー・アントワネット

 

 

【原作小説あらすじ】

「言ったでしょう、パンが無いなら己を鍛えなさいと!」 パリの革命広場に王妃の咆哮が響く。宮殿を追われ、処刑台に送られたマリー・アントワネットは革命の陶酔に浸る国民に怒りを爆発させた。自分が愛すべき民はもういない。バキバキのバルクを誇る筋肉(フランス)へと変貌したマリーは、処刑台を破壊し、奪ったギロチンを振るって革命軍に立ち向かう!「私はフランス。たった一人のフランス」 これは再生の物語。筋肉は壊してからこそ作り直すもの。その身一つでフランス革命を逆転させる、最強の王妃の物語がいま始まる――!! 大人気WEB小説が早くも書籍化!

 

 

次回の更新は2022年5月6日(金)が予定されており、毎週金曜日に更新が行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説を読んでみよう。『パワー・アントワネット』は、GA文庫より第2巻まで発売中。

 

 

 

 

©西山暁之亮/ SB Creative Corp. イラスト:伊藤未生

kiji

[関連サイト]

GA文庫公式サイト

 

パワー・アントワネット 2 (GA文庫)
パワー・アントワネット (GA文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ