アニメ『傷物語』総集編『傷物語 -こよみヴァンプ-』が2024年1月12日(金)劇場公開決定

講談社BOX発のアニメ『傷物語』の総集編となる『傷物語 -こよみヴァンプ-』が、2024年1月12日(金)に全国の劇場で公開されることが決定した。『<物語>シリーズ』は瀕死の吸血鬼を助けたことで自身も吸血鬼体質となった高校生・阿良々木暦が、怪異にかかわった少女たちのため奔走する青春怪異物語となり、『傷物語』は『化物語』の前日譚にしてシリーズの原点となる。そしてこのたび、2016年に劇場三部作として映像化された『傷物語』「I鉄血篇」、「II熱血篇」、「III冷血篇」を新たに総集編として再構成。『傷物語-こよみヴァンプ-』として、新たにひとつの物語として劇場公開を実施する。

 

 

傷物語 -こよみヴァンプ-

傷物語 -こよみヴァンプ-

 

 

【あらすじ】

高校二年生と三年生の狭間である春休み。阿良々木暦は、血も凍るような美女と遭遇する。彼女は自らを、鉄血にして熱血にして冷血の吸血鬼、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードと名乗った。四肢を失い死に瀕していたキスショットは、暦に助けを求める。恐怖と混乱、そして葛藤の末に、暦は彼女を救うため自らの血を与え──そして次に目が覚めたとき、暦はキスショットの眷属となっていた。暦は吸血鬼から人間に戻りたいと望む。だが、そのためにはキスショットが力を完全に取り戻す必要があった。交渉人をつとめる忍野メメが間に立ち、暦は失われた彼女の四肢を奪い返すべく、吸血鬼退治の専門家三人に挑むことになる。高校生活最後の、地獄のような春休みは、このときまだ始まったばかり──

 

 

『傷物語 -こよみヴァンプ-』特報

 

 

【キャスト】

阿良々木暦:神谷浩史

キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード:坂本真綾

羽川翼:堀江由衣

忍野メメ:櫻井孝宏

エピソード:入野自由

ドラマツルギー:江原正士

ギロチンカッター:大塚芳忠

 

【スタッフ】

原作:西尾維新「傷物語」(講談社BOX)

監督・脚本:尾石達也

キャラクターデザイン:守岡英行

音響監督:鶴岡陽太

音楽:神前 暁

アニメーション制作:シャフト

配給:アニプレックス

 

 

【PVカット】

傷物語 -こよみヴァンプ-

 

傷物語 -こよみヴァンプ-

 

傷物語 -こよみヴァンプ-

 

傷物語 -こよみヴァンプ-

 

 

また、特典付きムビチケカードも上映劇場にて近日販売開始が予定されている。ムビチケカードを購入した方には、数量限定でキービジュアル仕様のオリジナルA4クリアファイルが付属予定となる。価格は1,600円(税込)となり、販売の詳細は後日公式サイトなどでお知らせが行われる。劇場アニメ『傷物語 -こよみヴァンプ-』は2024年1月12日(金)全国ロードショー。

 

 

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

kiji

[関連サイト]

『傷物語 -こよみヴァンプ-』公式サイト

<物語>シリーズポータルサイト

西尾維新アニメプロジェクト公式SNS

西尾維新公式情報SNS

 

傷物語 涜葬版

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ