BKブックス2020年4月刊行のラインナップをご紹介。『転生無敗の拳法使い』『少女と猫とお人好しダークエルフの魔石工房』など2冊

2020年4月3日に発売されたBKブックス4月刊行のラインナップ2冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。挿絵の一部もご紹介します。

 

 

転生無敗の拳法使い~最強の暗殺者は異世界で武の極致を超える~

転生無敗の拳法使い

©結城絡繰/ぶんか社 イラスト:桑島黎音

 

武を極めた最強の暗殺者が、女神の依頼で異世界の魔王討伐に乗り出す!!

 

【あらすじ】

武を極め、己の純粋な力と技であらゆる任務を遂行してきた老暗殺者リ・ウェイロン。彼は血湧き肉踊るような戦いのできない惰弱な世界に失望をいただきながら天寿を全うして死んだ。しかし女神にその圧倒的な力を見込まれた彼は、異世界の魔王の討伐依頼を与えられ、さらに女神は魔王討伐のためにウェイロンが望む能力を与えると言う。それに対してウェイロンが出した答えは【無限の魔力】や【万物を切る剣】といった異能ではなく、肉体の【若さ】だった――。やがて魔王と対峙し、これこそが渇望していた命と矜持をかけた「死合い」だと悟ったウェイロンは、若返ったその肉体を思う存分躍動させるのだった!

 

【挿絵1】拳法使い
どうやら召喚した勇者に特殊な能力を期待していたようだ。それを持たない私は、期待外れだったのである。(歓迎されていないな)

 

【挿絵2】拳法使い
剣を構えた女は、私を見据えながら述べる。「我が名はリア・ハインベルト。王国騎士団の騎士長であり、剣神ヴィロアの系譜を継ぐ聖剣使いだ」

 

 

少女と猫とお人好しダークエルフの魔石工房

少女と猫とお人好しダークエルフの魔石工房

©江本マシメサ/ぶんか社 イラスト:KeG

 

天才魔石技士エルと稀代の発明家イングリット。

2人が紡ぐ本格派ファンタジー!

 

【あらすじ】

生まれてからずっと森深くの家で国一番の賢者と暮らしてきた少女エル。しかしその賢者が亡くなり、さらにあらぬ誤解で近隣住民に住処を追い立てられてしまったエルは、王都に出かけたきり返ってこない父を捜しに、唯一の友達である猫妖精のヨヨと生まれて初めて外の世界を巡る旅へ出る。新たな出会いや命がけのピンチを乗り越え、なんとか王都へと辿り着いたエルだったが、そこでまたしても詐欺師の疑いを掛けられて追われてしまう。そんなエルの窮地を救ったのは、かつて人間に騙されたというダークエルフの美女だった――。

 

【挿絵1】少女と猫
茶の準備が整ったのと同時に、ヨヨの料理も完成したようだ。『はい! ベーコンと目玉焼きのプレートの完成だよ。さあ、召し上がれ!』

 

【挿絵2】少女と猫
「あっちにトングとトレーがあるから、それで欲しいパンを選んで、精算台に持っていって支払うの」「へえ、そうなの。面白いわね」

 

 

紹介ラインナップは発売中です。

 

 

kiji

[関連サイト]

BKブックス(ぶんか社)公式サイト

 

転生無敗の拳法使い~最強の暗殺者は異世界で武の極致を超える~ (BKブックス)
少女と猫とお人好しダークエルフの魔石工房 (BKブックス)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ