「カクヨム」×「魔法のiらんど」発の青春小説が4ヶ月連続、計7冊の刊行が決定

Web小説サイト「カクヨム」とガールズエンタテインメントサイト「魔法のiらんど」発の青春小説7作品が、2020年5月から8月にかけて4ヶ月連続で刊行されることが決定した。若者に絶大な人気を誇り、自身も著作『家庭教室』を手掛けた歌い手・伊東歌詞太郎氏が推薦コメントを寄せる『僕の涙がいつか桜の雨になる』をはじめ、KADOKAWA初の試みとして実施した「カクヨム×魔法のiらんど」コンテストの「大賞」受賞作『恋を知らぬまま死んでゆく』、さらに角川ドワンゴ学園が運営する通信制高校・N高等学校の生徒達から熱い感想が寄せられた作品など、バラエティ豊かな作品がラインナップされている。5月発売は以下の2作品。

 

 

僕の涙がいつか桜の雨になる

僕の涙がいつか桜の雨になる

著者:犀川みい/装画:みっ君

 

桜の散る頃、君のために僕は泣こう。忘れない、忘れられない――感動の物語

次の春も、また次の春も、ずっとずっと君のために僕は泣こう。

 

【あらすじ】

転校をきっかけに、故郷に戻ってきた栞。幼馴染みで初恋の相手との再会を楽しみにしていたが、彼――葉桜はまるで別人のように冷たくなっていた。ところがある日、葉桜が泣いているところを見つけた栞は、彼の“涙の秘密”を知ってしまう。その秘密のタイムリミットは『来年の春』。葉桜を助けるために思い出作りに励むが、一方で栞もずっと言えなかった想いを抱えており……。切なさが募る、号泣必至のラブストーリー!

 

 

恋を知らぬまま死んでゆく

恋を知らぬまま死んでゆく

著者:捺/装画:雪下まゆ

 

人を好きになるって、どうしてこんなに 幸せで切ないんだろう?

カクヨム×魔法のiらんどコンテスト<大賞>受賞作!!

 

【あらすじ】

「失恋した。この気持ちは聖良ちゃんにはわからないよね」 高校三年生の秋、私の携帯に謎めいたメッセージを残して菜々子は海で死んだ。事故だった。――でも、もし本当は自殺したとしたら? 幼なじみの死の真相を探るため、「恋を知らない」私は同級生とつたない恋人ごっこをはじめる。ニセモノの関係、ニセモノの愛情。そんな私を待っていたのは、甘くて切ない真実だった――。ひとりの少女の死をめぐる、恋と痛みの青春ミステリー。

 

 

【今後の発売予定】

▼6月25日発売予定

『#君と明日を駆ける』/著:一宮梨華/装画:慧子

『優しい死神は、君のための嘘をつく』/著:望月くらげ/装画:ナナカワ

 

▼7月下旬発売予定

『もう一度人生をやり直したとしても、また君を好きになる。』/著:蒼山皆水/装画:ふすい

 

▼8月下旬発売予定

『光合成理論』/著:奈瀬セナ/装画:456

『青くて、溺れる』/著:丸井とまと/装画:ダイスケリチャード

 

また、小説の発売応援キャンペーンとして、フォロー&リツイートしてアンケートに答えると、装画を手掛けた人気イラストレーターによる複製原画やハーゲンダッツアイスクリーム1ヶ月分が抽選で当たるTwitterキャンペーンも第1弾がスタートしている。詳細は「カクヨム×魔法のiらんど」特設サイトにてチェックしてもらいたい。

 

 

kiji

[関連サイト]

「カクヨム×魔法のiらんど」特設サイト

Web小説サイト「カクヨム」

ガールズエンタテインメントサイト「魔法のiらんど」

ビーズログ文庫公式サイト

 

僕の涙がいつか桜の雨になる
恋を知らぬまま死んでゆく

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ