『私のお母様は追放された元悪役令嬢でした 平民ブスメガネの下剋上』のコミカライズ連載が開始

オーバーラップノベルスf刊『私のお母様は追放された元悪役令嬢でした 平民ブスメガネの下剋上』のコミカライズ連載が、「ガンガンONLINE」アプリ版にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、貴族社会から追放された悪役令嬢の母親を持つ主人公が、平民として素性を隠したまま王立学園に入学し、周囲から蔑まれながらも、持ち前の才能で人生を逆転させていくサクセスストーリー。原作小説は第1巻が8月25日に発売されたばかり。コミカライズの作画はていか小鳩氏が担当しており、第1話「すべてはお母様のために」が無料公開されているほか、先読みではその続きを読むことができる。黄金の魔力を持つ平民少女の人生逆転劇が早くもコミックでスタートした。

 

 

私のお母様は追放された元悪役令嬢でした 平民ブスメガネの下剋上

 

 

【原作小説あらすじ】

貴族社会から追放された“悪役令嬢”の母を持つ平民アシュリー。将来官吏を目指す彼女は、ブサイクになる魔法のメガネとカチューシャで素性を隠して貴族が在籍する王立学園へ通っていた。学園では「平民ブスメガネ」と蔑まれてひとりぼっち。今は辛くても明るい将来を夢見て勉強に励むアシュリーだったが、そんな日常は衰弱した仔猫を保護してから一変する。なんと仔猫は神獣で、無自覚に従えたアシュリーは王太子に目をつけられてしまい!? “悪役令嬢”の娘とバレたくないアシュリーは王太子を避け続けるが、ついに彼は処刑までチラつかせ強引に迫ってきて!? しかし特権階級の魔術師なら王太子でも処罰できないと知ったアシュリーは、魔術師を目指すと即決意! 適性を調べると類稀な聖なる黄金の魔力の持ち主と判明!? 大魔術師や賢者になれる素質すら秘めており……!? 血統、美貌、魔力――実は全てがすごい平民少女の人生逆転サクセスファンタジー!

 

 

次回の更新は2020年9月22日(火)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者は、発売されたばかりの原作小説もぜひ読んでみよう。『私のお母様は追放された元悪役令嬢でした 平民ブスメガネの下剋上』は、オーバーラップノベルスfより第1巻が発売中。

 

 

©ベキオ/オーバーラップ イラスト:紫藤むらさき

kiji

[関連サイト]

オーバーラップノベルス公式サイト

 

私のお母様は追放された元悪役令嬢でした 平民ブスメガネの下剋上 (オーバーラップノベルスf)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ