『捨てられ白魔法使いの紅茶生活』のコミカライズが決定 最強息子(ドラゴン)との理想のスローライフファンタジー

カドカワBOOKS刊『捨てられ白魔法使いの紅茶生活』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、竜の討伐に失敗して仲間に捨てられ、死を覚悟した白魔法使いと、そんな白魔法使いの前で子供の姿となり、甘えてくる息子(ドラゴン)とが織り成す、スローライフファンタジー。原作小説は第2巻が1月10日に発売されたばかり。コミカライズの作画は騎羽こうじ氏が担当することも決定しており、連載は「コンプエース」にて行われる。最強息子(ドラゴン)との理想のスローライフを描く物語が漫画化に向けて動き出している。

 

 

捨てられ白魔法使いの紅茶生活

 

 

【あらすじ】

竜の討伐に失敗した結果、ケガをしたまま放置され、仲間に捨てられてしまった白魔法使いのアマリア。――もう死ぬのかな。覚悟を決めたその時、なぜか竜は人間の子ども姿になって甘えてきた!? 村に戻ったアマリアは、ユーゴと名づけた竜の正体を隠し、二人で親子として大好きな紅茶を嗜むスローライフを満喫することに。すると、アマリアの本当の才能が開花して……?「ママが淹れたお茶、おいしい!」 大切な人のために最高の一杯を。最強家族と癒しの紅茶生活!

 

 

コミカライズの連載開始時期については今後の続報を待ちたい。コミカライズが決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『捨てられ白魔法使いの紅茶生活』は、カドカワBOOKSより第2巻まで発売中。

 

 

©瀬尾優梨/KADOKAWA カドカワBOOKS刊 イラスト:YahaKo

kiji

[関連サイト]

カドカワBOOKS公式サイト

 

捨てられ白魔法使いの紅茶生活 2 (カドカワBOOKS)
捨てられ白魔法使いの紅茶生活 (カドカワBOOKS)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ