【らのすぽ!】『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』ステージレポート

電撃文庫発のアニメ『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』のステージイベントが、埼玉・ところざわサクラタウンで開催された「KADOKAWA ライトノベルEXPO2020」(通称:らのすぽ!)内にて、2021年3月7日(日)に行われた。配信イベントとして行われたステージには、丸末晴役の松岡禎丞さん、可知白草役の佐倉綾音さん、桃坂真理愛役の大西沙織さん、甲斐哲彦役の島﨑信長さんの4人が出演。壇上では各キャストが様々なパフォーマンスで笑いを巻き起こしながら、幼なじみや作品の魅力を語ったステージの模様をお届けする。

 

 

らのすぽ!おさまけ01

 

 

『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』はとあるトラウマを抱えた少年が初恋に敗れ失意に沈む中、幼なじみと共に初恋への復讐を誓うことをきっかけに物語が動いていくラブコメ作品。奇しくもステージ当日の3月7日は「幼なじみの日」ということもあり、「持ってますね」と島﨑信長さん。壇上の4人はいずれも馴染み深い顔ぶれということもあり、挨拶からあらすじの紹介まで、各キャストは様々なポーズやパフォーマンスを繰り広げてステージを盛り立てた。松岡禎丞さんも選挙演説を模したトークで視聴を呼び掛けるなど、ハイテンションなステージとなった。

 

らのすぽ!おさまけ02

 

 

あらためて幼なじみという存在について問われると、「朝起こしに来てくれたり、家族ぐるみでご飯を作ってくれたり、ずっと支えてくれている幼なじみが好きなんですよ」と島﨑信長さん。佐倉綾音さんも「幼なじみのことを嫌いな人はいないんじゃないか」という前置きをしたうえで、「でも一番にはなれない」と核心を突くと、「それな!」と大西沙織さんも激しく同意する。どこか不憫さを感じさせるところも、幼なじみという存在を愛おしく感じる所以なのかもしれないと語った。

 

らのすぽ!おさまけ03

 

 

続いてはそれぞれが演じているキャラクターの印象を語った。丸末晴について松岡禎丞さんは「どこまでもすごい真っ直ぐな男の子」と端的に紹介。末晴の初恋相手である可知白草には「どこからがネタバレにならないのか判断が難しい」と佐倉綾音さん。「高嶺の花的な感じで、小説を書いてたりグラビアをやっていたりと完全無欠」と悩みながら紹介を行った。また作品のタイトルにも触れ「結末がタイトルになっているんじゃないかって心配される方もいると思うんですけど、幼なじみって誰のこと……おっとこれ以上は言えない」と含みを持たせて期待を煽った。

 

らのすぽ!おさまけ04

 

 

桃坂真理愛について大西沙織さんは「キャラクターを演じさせていただけることになった時、理想の妹というフレーズと、国民的人気女優という2つの高いハードルを背負わされている子」と配役決定時の感想に触れつつ、「彼女の肉食っぽいところは、アニメ本編を見ていただければわかる」と登場に期待を寄せた。甲斐哲彦役の島﨑信長さんはジャケットを脱ぐパフォーマンスを披露しながら、「超イケメン、でも女たらしのカス。そして天才軍師で策略家」と紹介。哲彦については佐倉綾音さんも「彼が物語を動かすこともあるので、あなどれない存在です」と印象に触れ、平凡な友人キャラクターではないと語った。そしてここで志田黒羽役の水瀬いのりさんがVTRで登場。ステージに参加できなかったことを残念がりながらも「小悪魔的な可愛さを楽しんでもらいたい」と黒羽を紹介した。黒羽の印象については「1話か2話の収録で、この水瀬いのりはヤバいという話を佐倉さんとした」とアフレコ時のエピソードを披露した島﨑信長さん。佐倉綾音さんも水瀬いのりさんの演技には大絶賛で「こんな引き出しもあったんだって思った」と振り返った。

 

らのすぽ!おさまけ05

 

 

続いてはバラエティコーナー「惚れる幼なじみ選手権」が行われるも、キャスト同士が合わせ技を披露する異例の展開となった。お題は“大風邪を引いて寝込んでいる時に看病してくれる幼なじみ”に言われると惚れる一言で、水瀬いのりさんもVTRで事前に回答。「同じように私が辛い時も誰よりもそばにいてネ!」との回答を寄せたのだが、壇上の佐倉綾音さんと大西沙織さんは「偶然なんですけど」と、水瀬いのりさんと一字一句違わない回答を披露して笑いを巻き起こした。男性陣もコンビプレイが炸裂し、松岡禎丞さんの「あなたに力を」からの「月は出ているか!」と続いた島﨑信長さん。壇上では「らのすぽ!ですよこれ。ダムすぽじゃないですよ」と女性陣からツッコまれ、再び大きな笑いが巻き起こった。「まともなのが一人もいませんでしたね」とバラエティコーナーを振り返った松岡禎丞さんに対しても、「自分で言うな」の総ツッコミが行われる賑やかなコーナーとなった。

 

らのすぽ!おさまけ06

 

 

時間はあっという間に過ぎ去り、キャスト陣が挨拶。島﨑信長さんは「本当にすごい面白い作品で、ただのラブコメかと思いきや知略や策略が渦巻いている。頭で考えても面白いものになっている」と見どころに触れた。大西沙織さんは「本編ではスピーディーな会話劇も楽しみつつ、みんなのキャラクターの可愛さを堪能してください」と挨拶。佐倉綾音さんからは「かつてないくらい女の子同士がバチバチしていて、こんなにも仲が悪いのも珍しいなという雰囲気のラブコメになっています。4月からのTVアニメよろしくお願いします」と、作品の特徴も織り交ぜて語った。最後に松岡禎丞さんも「『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』というタイトルになっているんですけど、みなさんが想像するラブコメでは済まないです。物語が進むにつれて「マジで?」と思える作品になっているので、ぜひついてきてください」と意気込みを語り、ステージを締めくくった。

 

らのすぽ!おさまけ07

 

 

ほかにもキービジュアルや新PVも解禁されるなど、4月の放送に向けて期待感を膨らませられるステージとなった。アニメ『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』は2021年4月14日(水)より順次放送開始。原作小説も電撃文庫より第6巻まで発売中。最新7巻も2021年4月9日発売。

 

 

©2021 二丸修一/KADOKAWA/おさまけ製作委員会

kiji

[関連サイト]

TVアニメ『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』公式サイト

『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』原作特設サイト

『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』公式Twitter

電撃文庫公式サイト

 

幼なじみが絶対に負けないラブコメ7 (電撃文庫)
幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ