『探偵はもう、死んでいる。』がシリーズ累計50万部を突破 各巻を紹介するミニアニメPVも公開中

MF文庫J刊『探偵はもう、死んでいる。』がシリーズ累計50万部を突破した。本作は第15回MF文庫Jライトノベル新人賞「最優秀賞」受賞作で、才色兼備にして天衣無縫の名探偵・シエスタと、上空1万メートルの空の上で出会い、三年にもわたる目も眩むような冒険劇を繰り広げた末に名探偵と死に別れた助手が、再び立ち上がる物語を描く。原作小説も第5巻が5月25日に発売される。2019年11月のシリーズ刊行から圧倒的な人気を獲得し、2021年7月からは早くもTVアニメの放送も行われる。コミカライズも複数展開が行われているほか、PVやグッズなど様々な形での作品展開も本作における特徴のひとつとなっており、TVアニメの放送を目前に控える中、一層の注目を集め続けている。

 

 

探偵はもう、死んでいる。5

 

 

【第5巻あらすじ】

高校三年生の俺・君塚君彦は、かつて名探偵の助手だった。「あんたが名探偵?」二度目の始まりは一ヶ月前、夕暮れの教室。ぬるま湯の日常の中で、俺は同級生の探偵助手になった。それから――彼女は俺を抱き締めて、叱って、泣いて、笑って、勝手に死んだりしないと誓って、共に世界の理に反する願いを追い求めて、宿敵と死闘を繰り広げて――そして、死に別れた。また一人生き残ってしまった俺は凍える冷水の如き現実に溺れている。だけど――「助手。もう一度、仲間を助けに旅に出よう」……ああ。俺達がここで終わって良いはずがない。だってそうだろ? これは助手が名探偵を取り戻し、ハッピーエンドに至る物語なのだから。

 

 

二語十先生インタビュー:シエスタは色んな意味で「手の届かないヒロイン」

 

そして発売される第5巻には、初回限定特典として二語十氏書き下ろし脚本となる君塚&シエスタのスペシャルトークが聴けるコードが帯に付属する。上記に先立ち、各巻を紹介するミニアニメPVも解禁されているので、参考としても視聴してもらいたい。2021年7月よりTVアニメの放送もスタートする『探偵はもう、死んでいる。』は、MF文庫Jより第4巻まで発売中。最新5巻も2021年5月25日発売。

 

 

『探偵はもう、死んでいる。』1巻紹介ミニアニメ

 

 

©二語十/KADOKAWA MF文庫J刊 イラスト:うみぼうず

kiji

[関連サイト]

TVアニメ『探偵はもう、死んでいる。』公式サイト

『探偵はもう、死んでいる。』公式Twitter

『探偵はもう、死んでいる。』原作特設サイト

MF文庫J公式サイト

 

探偵はもう、死んでいる。5 (MF文庫J)
探偵はもう、死んでいる。 (MF文庫J)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ