『古き掟の魔法騎士』のコミカライズ連載がコミックアライブ9月号より開始

ファンタジア文庫刊『古き掟の魔法騎士』のコミカライズ連載が、2021年7月27日発売の「コミックアライブ9月号」よりスタートした。本作は『ロクでなし魔術講師の禁忌教典』などを手掛ける羊太郎氏の新シリーズで、若き王子の手によって現代に復活を遂げた最強で冷酷無比な騎士が、騎士学園の落ちこぼれたちの教官騎士となって始まる王道ファンタジー作品。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画はカワバタヨシヒロ氏が担当しており、第1話「英雄再臨」が巻中カラーを飾った。羊太郎氏が贈る新たな“教官”シリーズがコミックでもスタートした。

 

 

古き掟の魔法騎士

 

 

【原作小説あらすじ】

「“騎士は真実のみを語る”」「“その心に勇気を灯し”」「“その剣は弱きを護り”」「“その力は善を支え”」「“その怒りは―悪を滅ぼす”」―伝説時代最強の騎士と謳われると同時に『野蛮人』の異名を持つシド=ブリーツェ。キャルバニアの若き“王子”の手によって復活を遂げた男は、魔法騎士学校の教官として赴任する。創設者の騎士の理念が受け継がれた四つの教室、彼が配属されたのは奇しくも自身の名を冠する落ちこぼれの学級で…「お前達さ、騎士として恥ずかしくないのか?―まずは剣を捨てろ」 最強の騎士は野蛮人―。新“教官”シリーズ開幕!

 

 

本作はラノベニュースオンラインアワード2020年12月刊の投票アンケート結果にて、第1巻が「新作総合部門」に選出されるなど大きな注目を集めている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『古き掟の魔法騎士』は、ファンタジア文庫より第2巻まで発売中。

 

 

 

 

©羊太郎/KADOKAWA ファンタジア文庫刊 イラスト:遠坂あさぎ

kiji

[関連サイト]

『古き掟の魔法騎士』特設サイト

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』『古き掟の魔法騎士』公式Twitter

ファンタジア文庫公式サイト

 

コミックアライブ 2021年9月号
古き掟の魔法騎士I (ファンタジア文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ