『転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件』のコミカライズ連載が開始

スニーカー文庫刊『転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件』のコミカライズ連載が、「ドラドラふらっと♭」にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、田舎から都会の学校に転校した主人公が、清楚可憐な美少女となった男友達と思って遊んでいた幼馴染と7年越しに再開して始まる、成長した二人を描いた青春ラブコメディ。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画は大山樹奈氏が担当しており、第1話「再開した、かつての親友」がカラー含む36ページで公開された。最高の「男友達」だったはずの美少女とのピュアラブコメがコミックでもスタートした。

 

 

転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件

 

 

【原作小説あらすじ】

『おれたちはずっとともだちだから!』 幼かった夏の終わり、大切な男友達と約束を交わした。7年後、都会の高校に転入した隼人が再会した幼馴染は……清楚可憐な美少女になっていた! 高嶺の花と呼ばれる春希は、隼人と2人きりになるとガキ大将の顔で無邪気に笑いかけてきて、誰もいない空き教室で弁当をトレードしたり、家で一緒にゲームしたり……なのに揶揄って女の子扱いすると真っ赤になって、そんなところは急に可愛い。田舎と都会、少年と少女、成長した心と身体。離れていた間に変化したものがあれば、変わらない想いと約束があって……。元"男友達"な幼馴染と紡ぐ、青春ラブコメディ開幕!

 

 

⇒ コミカライズ版『転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件』はこちら

 

次回の更新は2021年10月7日(木)が予定されている。本作はラノベニュースオンラインアワード2021年3月刊のアンケート結果にて、第1巻が「新作部門」で選出されるなど注目を集めている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件』は、スニーカー文庫より第2巻まで発売中。

 

 

©雲雀湯/KADOKAWA スニーカー文庫刊 イラスト:シソ

kiji

[関連サイト]

『転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件』特設サイト

スニーカー文庫公式サイト

 

転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件2 (角川スニーカー文庫)
転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件 (角川スニーカー文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ