『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』がシリーズ累計25万部を突破

スニーカー文庫刊『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』がシリーズ累計25万部を突破した。本作は隣の席に座る絶世の美少女ロシアンJKと、そんな彼女が漏らす「ロシア語」のデレを、気付かないふりをしながらも実は聞き取ってしまっている少年との青春ラブコメシリーズ。原作小説は現在第2巻まで発売されている。今年7月には第1巻での単巻10万部の突破、さらにはアーリャのVTuber化でも大きな注目を集めた。動画内では3Dモデルのアーリャが『涼宮ハルヒ』シリーズの「ハレ晴レユカイ」を歌って踊るなど、衝撃と話題を呼んだことも記憶に新しい。シリーズ第2巻発売以降も大きな盛り上がりを見せ続けている。

 

 

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2

 

 

【第2巻あらすじ】

「す、好き? 好きって、え? 違うのよ。ちがうぅぅぅ~!」「なぁ~にが『支える』だよ。あ゛ぁ~俺マジでキモイ痛い!」 黄昏時の校庭での密事。互いに煩悶するアーリャと政近であったが、二人はコンビを組んで会長選を戦い抜くことを約束する。圧倒的なカリスマを誇る次期会長候補筆頭・周防有希との対決に向け、アーリャと政近は対策会議をはじめるのだが――「さて……じゃあ、会長選の話だが」「……Круто」(ぬぐぅっ!)ロシア語の甘い囁きにドキマギしてしまって!? 罵倒してきたかと思えばデレてくる、美少女ロシアンJKとのニヤニヤ必至な青春ラブコメディ第2弾!

 

 

本作はPVや3Dモデル動画以外にも、ボイスコミックの動画も公開されている。今後の更なるメディア展開にも俄然期待の高まる本作をこの機会にぜひ読んでみよう。『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』は、スニーカー文庫より第2巻まで発売中。

 

 

 

 

©燦々SUN/KADOKAWA スニーカー文庫刊 イラスト:ももこ

kiji

[関連サイト]

『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』特設サイト

『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』公式Twitter

スニーカー文庫公式サイト

 

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2 (角川スニーカー文庫)
時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん (角川スニーカー文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ