『転生令嬢が国王陛下に溺愛されるたった一つのワケ』のコミカライズ連載が開始

アース・スターノベル刊『転生令嬢が国王陛下に溺愛されるたった一つのワケ』のコミカライズ連載が、「コミック アース・スター」にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、かつて政争で当時の第三王子で現国王を守り命を落とした記憶を持つ伯爵令嬢が、2度目の人生でも国王の女官に指名されて始まる転生女騎士の無双系戦闘ラブコメ。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画はカナンアスカ氏が担当しており、第1話「転生令嬢が国王陛下と17年ぶりに再会したワケ」がカラー含む40ページで公開された。時を超えて再び絆を紡ぐ国王と女騎士の物語がコミックでもスタートした。

 

 

転生令嬢が国王陛下に溺愛されるたった一つのワケ

 

 

【原作小説あらすじ】

前世の記憶を持つ転生令嬢、フローラ。かつては“天才女騎士”であったが不運な条件の重複により、自身を二流の騎士としか認識しないまま、覇権争いに巻き込まれ命を落としてしまう。転生後は救えなかったことを負い目に感じ、当時の第三王子(現国王陛下)に近づかないようひっそりと生きてきた。なのに、ひょんなことから国王陛下の「護衛」を直々に申し付けられ、あら大変。「前世のことなんて誰にも言ってないのに、なんでこうなるの!?」と戸惑いもつかの間、次々と護衛としての腕試しが課されていく展開に―数百年に一人の天才が「女」として、「騎士」として、国王陛下に振り回されつつ、無双ぶりを繰り広げる戦闘系ラブコメ。

 

 

⇒ コミカライズ版『転生令嬢が国王陛下に溺愛されるたった一つのワケ』はこちら

 

 

【コミックサンプル】

転生令嬢が国王陛下に溺愛されるたった一つのワケ

 

転生令嬢が国王陛下に溺愛されるたった一つのワケ

 

 

次回の更新は2021年10月28日(木)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『転生令嬢が国王陛下に溺愛されるたった一つのワケ』は、アース・スターノベルより第2巻まで発売中。

 

 

kiji

[関連サイト]

『転生令嬢が国王陛下に溺愛されるたった一つのワケ』特集ページ

アース・スターノベル公式サイト

 

転生令嬢が国王陛下に溺愛されるたった一つのワケ2 (アース・スターノベル)
転生令嬢が国王陛下に溺愛されるたった一つのワケ (アース・スターノベル)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ