『董白伝 ~魔王令嬢から始める三国志~』のコミカライズ連載が開始

ガガガ文庫刊『董白伝 ~魔王令嬢から始める三国志~』のコミカライズ連載が、マンガアプリ「マンガUP!」にて開始された。本作は三国志の時代に暴虐の限りを尽くした末に処刑された董卓の娘である董白に転生した主人公が、生き残るために前世の知識と経験、そして思わず口から飛び出してしまう口撃で歴史を改変していく三国時代転生ファンタジー。原作小説は現在第4巻まで発売されている。コミカライズの作画は無望菜志氏が担当しており、第1-2話まで無料公開されているほか、先読みではその続きを読むことができる。三国志の世界を知識と悪癖で生き抜く魔王令嬢の覇道ファンタジーがコミックでもスタートした。

 

 

董白伝~魔王令嬢から始める三国志~

 

 

【原作小説あらすじ】

心を病んだ元商社マン、城川ささね。謎の占い師に導かれるまま、中華街で三国志ガチャを回した彼は――意識をうしなった。目覚めると、そこは別世界。中華の香り漂う屋敷。列をなして傅く臣下。そして……縮んだ身体。「俺、幼女になってる!?」しかも、ただの幼女じゃなかった。三国志に悪名を轟かせる“魔王”董卓――その孫娘、董白に転生してしまったのだ!このままじゃ董卓と一緒に処刑されてしまう。ささねは、元商社マンの経験と三国志オタクの知識を使って、生存戦略を図るが……?呂布、曹操、劉備、馬超……。煌めく英傑たちとの出会いが、中原に幼き魔王を誕生せしめる。魔王令嬢が「史」を刻む覇道ファンタジー、堂々開幕!!

 

 

コミカライズの連載は毎週日曜日に更新が行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説を読んでみよう。『董白伝 ~魔王令嬢から始める三国志~』は、ガガガ文庫より第4巻まで発売中。

 

 

©伊崎喬助・カンザリン/小学館「ガガガ文庫」刊

kiji

[関連サイト]

ガガガ文庫公式サイト

 

董白伝~魔王令嬢から始める三国志~ (4) (ガガガ文庫 い 7-8)
董白伝~魔王令嬢から始める三国志~ (ガガガ文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ